結果を出す手技療法のパイオニア

施術法

整体・もみほぐし・カイロプラクティック・〇〇マッサージ・〇〇療法など、無資格者が行うリラクゼーションや民間療法による健康被害が無くなりません。

看護師・理学療法士・作業療法士・言語療法士は開業権がありません。独立開業の場合は無資格者の扱いになります。(介護事業を除く)

無資格者の施術費用は「医療費控除」の対象にはなりません。

施術所開設届一覧(岐阜県)

一覧表に無い場合は無資格者の民間療法です。各都道府県の医療整備課などで情報を開示しています。

施術所開設届一覧表を公開します – 岐阜県公式ホームページ(医療整備課)

施術法

お体の状態を拝見し最適な治療法に基づく施術を提案させて頂きます。

質問や疑問は、何時でも遠慮無くご相談下さい。

当院では、按摩・マッサージ・指圧は行っておりません。

【保険受療について】医師と違い、柔道整復師や鍼灸師の保険取り扱いには制約や制限があります。柔道整復はケガ由来のみ、鍼灸は医師の同意が有る場合のみです。適応外の疾患や病状は自費施術になります。

保険

慰安目的の保険受療はお控え下さい。療養費の適性化にご協力をお願いします。

接骨(整骨)

柔道整復師(接骨院・整骨院・治療院)の保険受療は全国どこでも同じ条件です。

  • 外傷性の疾患や応急手当は健康保険が使えます。
  • 疲労解消、マッサージの代わり、予防、定期施術などの目的で健康保険は使えません。自費施術になります。
  • 整形外科で注射・薬・湿布・物療(電気)の処方を受けながら、接骨院(整骨院・治療院)で健康保険は使えません。これは同じ症状に対する重複した施術を避けるためです。自費施術になります。
  • 接骨院(整骨院・治療院)の保険受療の掛け持ちはできません。同じ月内で同じ症状に対して、複数の接骨院で保険の施術を受けることはできません。どちらかが自費施術になります。同じ月内に転院する場合は全ての負傷原因、負傷日、負傷名が必要になります。

患者さんごとに状況が違います。分からない場合は、来院され受付で相談して頂くか、電話でお問い合わせ下さい。

鍼灸(保険適応分)

鍼灸師の保険受療は全国どこでも同じ条件です。

  • 医師の同意がある場合に限り、限定疾患を保険で鍼灸施術ができます。手続が必要となります。

自費(保険外)

※一般用加圧トレーニング装置【KAATSU C4®】販売※
目的に応じたプログラムを設定し対面やリモートで販売中

子供の強度近視、弱視など眼に関しての鍼灸施術は安価に提供しますが、頻繁な通院が必要になります。ご相談下さい。

遠方からの来院で頻繁に通院できない人へ

土曜日の午後、日曜日も当方の予定が無ければ施術(自費のみ)しますのでお問い合わせ下さい。