お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

和尚さんに、心の在り方を教えて頂きました。

私は当時、毎日100名前後治療していて、誉めてくれるかと思い和尚さんに話しました。

そうしたら、凄い剣幕で怒られました。

「悪い体を触るのですから、そんなに治療してはいけません。多くても一日40.50名までにしなさい。」と言われました。

その時は「この坊さん何を言っているんだ。」と馬鹿にしていました。

案の定、半年後に血痰が止まらない重い肺炎に罹り、1ヶ月休診し3ヶ月後に復帰しました。その後しばらく、肺炎の後遺症である夕方の微熱に苦しみました。

この体験以後、和尚さんのお話を真剣に聞くようになり現在に至ります。

とかく痛い目に合わないと素直にならないので、人間は現金なものです。

あのまま仕事していたら、過労でこの世とおさらばしていたと思います。

治療する者は、一般の人々以上に心と行いを正さないと、良い治療ができないと説かれました。

立場・性別・職業の貴賎に関係無く、心がけや思いが全てに通じるとは本当に驚き、今でも過去の法話を見返して役立ています。

記事を読まれる皆さんの人生への迷いが、少しでも解消されることを願っています。

他、村上宥快和尚さんに関する記事は下記リンク先をご覧下さい。

お知らせ