お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

鍼灸とは(独自の特殊鍼法)

鍼(針)や灸を用いていて治療することを言います。

「はり師・きゅう師」の免許取得者は国家試験に合格した医療の専門家です。

略称して鍼灸師・針灸師と呼ばれます。

独自の特殊鍼法

現在、2021年からは神経図や解剖運動学に基づく特殊鍼法を行い、今までに無い素晴らしい成績を上げています。

ファシア(筋膜)の癒着を剥がすのは注射より鍼のが効果的です。

他院で鍼をされて効果が無くて、当院で鍼を行い効果が出た患者さんが続出しています。

治療方法

全て使い捨ての針を用いて、所定の効果を上げます。

モグサやそれに準ずる温熱装置を使い、東洋医学で言うところの「ツボ」を刺激して、所定の効果を上げます。

現在、灸は無煙に移行しています。

特殊針

特殊針は、2021年12月にて終了しました。現在はもっと効果の有る特殊鍼法を行っています。

当院では、長鍼(ちょうしん・約20センチ)、巨鍼(こしん・50センチ)を、患者さんの症状に合わせて自在に操り治療を行います。鍼の耐性がある患者さんのみに使用します。

理論

気・血・水を調整するのが鍼灸の特徴ですが、当院での考えは、気は電気のプラスマイナスの偏在、血を血液の偏在、水は水分の偏在として考えます。

血・水の偏在の調整は加圧リハビリが有効です。

##食べ物
治療の効果を最大限に上げるには体のパワーが必要です。

それのエネルギーの源は食べ物である動物・植物・鉱物です。健康食品ではありません。

食べ物です。

よくよく問診すると、健康食品に頼って、食生活がおろそかになっている場合を散見します。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。