治療・施術実績

当院の治療実績です。

できうる限り、患者さんが手術の選択をしなくて済むように日夜治療の研究を続けています。

良く私の症状は治りますが?という質問を受けますが、完治から無効まで様々です。

治療結果は、その時の患者さんの状態と通院回数に左右されます。

遠方から来院される患者さんへは、自宅でできるリハビリを色々覚えて頂き、来院されなくても症状が改善することを目指します。

外傷に由来しない慢性症状の場合は自費治療となります。

県外からの来院状況は最下段にあります。

科目別

加齢による体の変化は仕方ありません。

女性の閉経後のコレステロール値の上昇や骨粗しょう症の進行は防ぎようがありません。

男性の腰椎に代表される脊柱管狭窄も仕方無いです。

関節も消耗品なので大事に使いましょう。

内科疾患

鍼灸治療は大変有効ですが、費用対効果を考えると、良い内科医を探すことも必要と思います。

婦人科疾患

更年期障害には鍼灸治療は大変有効ですが、費用対効果を考えると、ホルモン補充療法をお勧めします。それにより癌にはなりませんから。

整形外科疾患

治療が有効な場合が大変多いです。来院できない場合は、まず、整形などで痛み止めを飲んで体の反応を見て下さい。

部位別(編集中)

頭痛、偏頭痛、
偏頭痛は酒石酸エルゴタミンが良く効くとの事なので、頻繁になる人は内科へ相談されると良いです。

後頭神経痛、
当院の治療で直ぐ改善します。

三叉神経痛、顔面神経麻痺、
当然ベル麻痺がありますが、医師の治療と併用して行うと早期に改善される人もいます。

脳血管障害後遺症(麻痺やしびれ)、
麻痺もシビレも医科の治療が終了してから来院される患者さんが多いので、既に症状固定の状態だと改善度合いにムラがあります。当院の治療で改善する場合と、全く変化が無い場合があります。10回治療して判断します。

パーキンソン病、パーキンソン症候群、
長田式無血刺絡療法で良好な結果が出る場合が多いです。ヤール分類3までと発症3年以内だと効果があります。
高齢化社会になったので近年激増しています。
標準では運動を奨励していますが、返ってドーパミンを放出させすぎて、悪化を促進している印象をうけます。

顔面打撲後の顔面腫脹の早期解消、
長田式無血刺絡療法で劇的に腫れは消退します。

良性頭位性めまい症、
当院の解剖運動学に基づく矯正法で略治します。再発間隔は広がりますが、再発は防げないので発症の度に来院する必要があります。

加齢難聴、突発性難聴、
治る場合は、変化が無い場合とハッキリ分かれます。10回の治療で判断します。
突発性難聴は発症後直ぐ耳鼻科専門医の治療が受けられるかが鍵です。耳が聞こえにくいと感じたら直ぐ受診しましょう。
加齢性難聴は1年近く通院され改善された例もありますので、患者さん次第です。

仮性近視、眼精疲労、
鍼治療で改善しますが、費用がもったいないので、眼球体操や日頃の目の使いかを直して下さい。

緑内障、白内障、
緑内障や白内障は見え方は改善する場合が多いのですが、検査数値は不変の場合が多いです。

首こり、
関節機能学の頚椎椎間関節の矯正で略治します。

頸椎椎間板ヘルニア、頸椎椎間板ヘルニア手術後の痛み、
消炎鎮痛剤やプレガバリン(リリカなど)の処方で変化が無い場合は、当院の治療での有効例が多いです。

頚椎症、変形性頚椎症、頚腕症候群、
関節機能学の頚椎椎間関節の矯正や鍼治療で改善します。

斜角筋症候群、
ストレスが原因とされていて、突然良くなる事が多いです。当院の治療で改善します。

肩こり、
真の原因は酸素不足が原因です。治療でも略治しますが、肩こり症の人は呼吸から日常生活を見直す必要があります。

肩関節炎、五十肩、四十肩、
活動期の夜間も寝られない場合は強い鎮痛剤や注射が必要です。安定期になれば当院の治療が有効です。

石灰沈着性腱板炎、
石灰沈着性腱板炎はH2ブロッカー薬が有効なので、まずそちらを先に試して下さい。加圧リハビリも有効です。

肩インピジメント、上腕二頭筋炎、
当院の治療が有効です。

上腕二頭筋腱断裂、腱板損傷、
上腕二頭筋腱断裂は3が月程度の保存療法で改善しないなら手術です。高齢者でも手を使う必要のある場合は積極的に手術を勧めます。

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)、上腕骨内側上顆炎(野球肘)、肘関節炎、
当院の治療が有効です。

肘部管症候群、
直ちに手術を勧めます。

手首

ドケルバン病、手根管症候群、TFCC損傷、腱鞘炎、コーレス骨折、コーレス骨折不良整復による手首痛、

腱鞘炎、ばね指、母指CM関節症、STT関節症、ヘバーデン結節症、ブシャール結節症、デュピュイトラン拘縮、

背中、胸

背部痛、肋間神経痛、胸部脊柱管狭窄症、肋骨骨折、胸部打撲、胸椎圧迫骨折治療後の痛み

腰痛、ギックリ腰、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部椎間板症、坐骨神経痛、腰部脊柱管狭窄症手術後の腰部痛
腰椎椎間板ヘルニアにはからのシビレにはプレガバリン(リリカなど)は無効な場合が多いです。

股関節痛、変形性股関節症、大腿骨頭壊死、

膝関節痛、変形性膝関節症、膝関節骨壊死、大腿膝蓋関節炎、ベーカー嚢胞(嚢腫)、

足首、中足部

外果骨折、足関節捻挫、足根管症候群、第5中足骨骨折、

足趾

浮き指、外反母趾、巻き爪、

喘息、COPD(肺気腫)、
アトピー性皮膚炎、

県外からの来院

県外から来院された患者さんの治療実績です。

変形性頸椎症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、変形性関節症(股関節・膝関節)、手術をしたけど取れない痺れ、などの治療も行っています。

地元である、飛騨地方(高山市、飛騨市、下呂市、白川村)の患者さんは含みませんが、特異な疾患の場合は列挙します。

※ベーカー嚢胞の改善率を30%(1度の治療)と明記したので、それ以後来院される人が減りました。この改善率でも素晴らしい成績と思っています。

2017年以前

統計を取っていません。

2018年

  • 母指CM関節症、40名程度

  • ベーカー嚢胞、5名程度
  • 外反母趾、10名程度

詳細データが無く概略になります。

どこから来院?:北海道、新潟県、富山県、茨城県、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、山梨県、愛知県、岐阜県、三重県、高知県、兵庫県、福岡県、他
アメリカ渡航前(帰国)に来院された患者さんもいました。

2019年

  • ベーカー嚢胞:北海道

  • 母指CM関節症:富山県、神奈川県、和歌山県、滋賀県、千葉県、兵庫県、東京都、茨城県、大阪府、静岡県、埼玉県、岐阜県岐阜市、滋賀県、岐阜県中津川市、高知県、熊本県、岡山県、岐阜県養老郡
  • 外反母趾:茨城県、東京都
  • コンディション調整:東京都、広島県、愛知県、静岡県、石川県、岡山県
  • STT関節症:愛知県、神奈川県
  • 変形性膝関節症:神奈川県

2020年(10月時点)

母指CM関節症:大阪府、東京都、広島県

ベーカー嚢胞(嚢腫):山梨県

1月下旬より新型コロナウイルスの感染拡大により来院されないようにお願いしています。5月下旬から来院は再開可能となりました。

お知らせ