結果を出す手技療法のパイオニア

刺絡しらく療法(井穴せいけつ刺絡・頭部ずぶ刺絡・細絡さいらく刺絡)

国家資格である鍼灸師にて刺絡を行います。

西洋医学の外科処置である瀉血とは、方法・効果・対象疾患などが全く異なります。

速攻性のある治療法

指先の経穴(ツボ)へ行う井穴刺絡療法・井穴刺絡学は、医学博士、故・浅見鉄男先生が東洋医学や良導絡の約40年の臨床研究から確立させた治療法です。

井穴(せいけつ)と総称されるツボがある。古代以来、中国で生命エネルギーがわき出る泉として特別な扱いを受けてきた。末端の刺絡の刺激は、脳の中枢に伝わって自律神経を整え、臓器や組織の病変を治癒させるというのが浅見理論だ。
 
引用:鍼灸の挑戦-自然治癒力を生かす-、松田博公著、岩波新書

ご著書紙帯に、
これらの治療法による脳並びに脊髄神経への作用により、わずらわしい検査、診断、薬服用、注射を一切用いずに診断治療及予後を決定する。21世紀の医学界に地滑り的大革命をもたらす全く新しい医学で、井穴刺絡学こそ21世紀の医学である。
と書かれています。

現在、浅見鉄男先生から直接学ばれた福岡県の 稲舛茂俊先生 (株)医学社・ぎんなん治療院 が普及に尽力されています。

浅見先生のご著書『21世紀の医学』は、井穴刺絡学会から定価で購入できます。

井穴刺絡 | 井穴刺絡学会

手順に沿って実施すると驚異的な効果を発揮します。

刺絡(しらく)の解説

刺絡鍼法とは、患者の状態に合わせて皮膚や経穴、血絡(けつらく)を選び、三稜鍼(さんりょうしん)やその他の鍼を使用して浅く刺し、少しの血を出すことで経絡の気血の流れを良くし、症状を和らげ、病気の治療を助ける方法です。

初めに

刺絡は、痛み、しびれ、神経痛、打撲や捻挫、肩こり、内科、眼科、皮膚科などのさまざまな症状に効果があります。主に三稜鍼(さんりょうしん)を使用し、痛む部分の血絡(けつらく)を1ミリ、2ミリ刺し、少量の血を取る治療法です。

歴史

刺絡が最古の鍼法と言われています。

現在知られている最も古いものは、黄帝内経、素問・霊枢(こうていだいけい、そもん・れいすう)で、刺絡に関する詳しい記述があります。(原著は紀元前200年頃(前漢)から220年(後漢)の頃にかけて編幕された中国最古の医学書)

素問の中で「血が溜まっている場合は刺して血を取るべき」と書かれており、さらに他の部分では、「先に溜まっている血を取り、その後で補充や瀉法を行うべき」との指示があります。

霊枢にも、「溜まっている血を取る」との記述があります。これらの古典の中には、まず血絡(けつらく)を除去するという指示があります。

このことから、鍼灸の技術は刺絡から始まったと言っても過言ではありません。現在でも、この方法を正確に行えば、非常に良い効果が期待できます。

方法

刺絡の方法は4つあります。

  1. 井穴刺絡せいけつしらく|指先のツボである井穴(せいけつ)へ刺絡を行います。一番多用しています。
  2. 頭部刺絡ずぶしらく|頭のツボに刺絡を行います。
  3. 細絡刺絡さいらくしらく|痛む部分の血絡(けつらく)を探し、三稜鍼(さんりょうしん)を当てます。下肢のだるさや重さ、神経痛の解消に即効性があります。
  4. 皮膚刺絡ひふしらく|乱刺しをして、その上から吸角を置きます。肌が盛り上がって滞っている、またはこりや重い感じがある部分に適用します。

用鍼

当院で使用する鍼は、使い捨ての専用針を使用していますので、ご安心下さい。

繰り返し使う治具は全て高圧蒸気滅菌済みです。