お薬を使わない手技療法のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

院長略歴

1960年(昭和35年)生まれ。小又接骨院院長、村坂療法の創始者、村坂治療塾主宰(仮)です。

資格取得後の臨床歴は、2022年令和4年で38年になります。

屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。名字帯刀を許された人物です。苗字帯刀御免 – Google 検索

国家資格である柔道整復師や鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り、治療に当たっています。

  • 森ノ宮医療学園卒業(鍼師・灸師免許取得)
  • 明治東洋医学院卒業(柔道整復師免許取得)

実証経験とは、症例(n=1)の積み重ねのことです。

手技治療においては、長年の臨床の蓄積が治療成績に直結します。

お薬を使うのが嫌いな人、通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。

手術の選択する場合でも、事前に当院の治療を行うことにより、術後の経過が通常より格段に良くなっている症例も多いです。

施療に100%の正解はありませんが、お力になれれば幸いです。

治療法変遷の歴史

修業(インターン)時代、日本で中国鍼法を初期に始められた先生に師事しましたが、小児麻痺・ポリオの患者さんへの治療で対立し退職しました。ポリオ – Google 検索

この時点で、本物の治療を求めていく決意しました。これが茨の道の始まりでした。慰安のマッサージや鍼は練習すれば簡単ですが、人を治すのは本当に難しく苦労の連続です。

その頃、アメリカのパーマー式カイロプラクティックDCの先生に教えを請い、3年通い、現在の矯正法マニュピュレーションの基礎ができました。(DC=ドクターオブカイロプラクティック)

米国人は押すことが上手ですが、日本人は引く技術の方が優れ、矯正法マニュピュレーションに生かしています。(ノコギリの違い、包丁や刀の違い)

古来の柔道整復術を行う接骨院の先生の元で働きましたが、私の疑問は解消しませんでした。

食べていくために高山市で開業し、その後も各地の先生を訪ね治療法の講習会を受けましたが、治療技術と患者さんを治すことは別物だと実感しました。その後に古川町へ移転しました。

脊柱で、首の後頭環椎関節(後頭骨Occと頸椎1番Atlasの関節)と腰の仙腸関節(骨盤と仙骨の関節)が全身に影響することが分かったことです。現在はそれ以外に大切な椎間関節があると判明し、膈(横隔膜)で人体は上下に分類されます。症状も同じです。

治療では、人体の椎間関節の動きを診るべき重要ポイントで、ズレと言われるサブラクセーション(subluxation)よりも、関節面や関節自体の固定化癒着化すなわちフィクセーション(fixation)が、痛みやしびれの症状の原因になります。

加圧トレーニング®は、当時キワモノとして扱われていましたが、牛に引かれて善光寺参りのごとく、どうしても受けたい衝動にかられ、高速バスで東京府中まで行き、発明者の佐藤氏から直接習い資格を取り、現在も治療やリハビリに生かしています。

ところが近年、中高年の患者さんの脊椎の椎間関節の動きが癒着している症例が増え、矯正法マニュピュレーションを行っても反応が鈍かったりするのです。手技治療もここまでかと途方に暮れました。

これを解決できたのは、そんなに効かないとあきらめていた鍼灸治療でした。

還暦になり、コロナ禍でしたが鍼治療の名人と出会うことが叶い、現代、経絡治療が効きにくくなってきたのは昔の人々の生活様式の変化と信じられないほどの長寿命になったのが理由で、それを理解し技術を学び、鍼灸治療が飛躍的に効くようになりました。

鍼で椎間関節の癒着を取り、ファシア=筋膜の癒着が簡単に取れるのです。矯正法マニュピュレーションが行えない高齢者でも満足のいく結果が得られるようになりました。

私の技術の研鑽は今後も続きますので、老いてますます治療成績は向上します。

当時、治せなかった人はどうしているのかと時々思いますが、今、来院される患者さんを治して、恩返しならぬ恩送りをしています。

東洋医学の治療法は、症例ごとに自問自答の中で作られると実感しています。

人の顔が違うよう、同じ疾患でも症状も違い治療法も違います。

現在、諸症状へは、加圧リハビリ®・遠絡統合療法・チクチク療法(長田式無血刺絡療法)を基本に、難しいのには独自の矯正法マニュピュレーションや独自の特殊鍼法を行っています。

加圧トレーニング®について

2002年(平成14年)、発明者佐藤義昭会長の東京都府中市サトウスポーツプラザで、初めて体験した感動は今でも忘れません。

加圧トレーニング®に黎明期より関与し、会長と共に専用賠償保険を作り、医師で加圧トレーニング®を最初に始められた整形外科医の井上浩一先生(五輪スポーツドクター)に師事し、現在も治療や健康増進に役立てています。

日本が直面している超高齢化社会において、加圧トレーニング®は、益々必要性を増すデバイス(器具)とプロトコル(方法)ですから、当院では加圧リハビリ®として日々患者さんへ提供し、症状改善に役立てています。

現在、諸外国で爆発的な流行を見せている加圧トレーニング®です。

医療では、米国退役軍人病院(VA Hospital)、アメリカ国防総省(DoD)で研究が着々と進んでいます。

近い将来、素晴らしい結果を皆さんにお届けできると思います。

後進へ

後進に言えることは、慰安で生きていくなら簡単です。電気かけてマッサージや鍼すれば一定の満足感を与えられます。しかし治りません。治るような雰囲気だけです。ウォーターベッドなどは最たるものです。

通って貰えますから営業としては良しなんでしょう。現在は、そんな院が多いですね。

鍼灸も上手い使い手が年々減っていてます。それは自分に刺して試さないからです。これに尽きます。

食べられないから単価の良い美容に走る人もいます。美容と治療では術者の手が違う事が分からないからです。美容は昔からキワモノと言われていますから気をつけて欲しいです。

病に鍼灸は本当に良く効きますが、上手になるには慰安を捨てる信念や決意が必要になります。

治療しても治らないしマッサージでは体が持たないから、だいたい、施術者の皆さんは40歳前から実践的な治療の勉強を始める人が100人中1人か2人位います。そこからが本当の治療家の人生なのです。

殆どの施術者は、治らない治せないとあきらめ、適当な術を施しています。私に、治すなんて考えてはダメですよと言う後輩も何名も居て嘆くばかりです。

治療を極めるのは茨の道であり、何歳になっても技術の習得が続きます。治療理論が合致してキッチリ治せたときの感動は毎回新鮮で、この仕事の醍醐味でもあります。

今まで資格者を指導して思うことは、たくさんある治療法も行う人の手が向き不向きもありますから、この治療が効きますと一概には言えません。自分に合う得意な治療法を早く見つけることが大切です。

指が硬く冷たい人は治療家には不向きですから転職を強く勧めます。本当です。

そんなダメな手でも治療家を目指すなら、指を柔らかく手を温かくする手段を必死で行わないと、指導を受けても同じ所作にならないし、患者さんが触られて受ける印象(気持ち悪く感じる)も全く違うし、当然、治療結果も違うからです。