結果を出す手技療法のパイオニア

半年続いた気鬱(きうつ)が頭皮刺激で改善した60代男性

気鬱(きうつ)と言う症状が有ります。気がふさいで晴れ晴れしないことを指します。

肩こりの症状を訴えられ来院されました。頭痛薬などのお薬は使われていません。

施術は、症状の推移を見ながら、鍼、吸角,ソマニクス®を行い良好になりました。

こり感は落ち着いたのですが、頭に雲がかかったような症状がスッキリしない、取れないと言われます。

気鬱と判断し、頭皮へのローラー鍼を行いました。

そうしたら直後に「あっ、楽になった」と言われ、気鬱、気滞だったのが分かりました。

その後、症状は再発していません。

通常なら神経のお薬を飲むことになるのでしょうが、この施術が奏功して良かったです。

気鬱 – Google 検索

頭皮への刺激

刺激の方向や場所が重要です。

頭皮鍼で何でも良くなるという説がありますが、残念ながら横隔膜より下への効果は弱いです。

上手に使い分けるのが術者の力量です。

材質や強弱の違いを使い分けます

ローラー鍼は、刺す鍼より効く場合があります。侮れません!

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。