お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

腰部脊柱管狭窄症の70歳代男性 ようやくシビレも痛みも解消してきました 手術は回避できそうです

73歳男性です。

かれこれ、10年前から調子が悪くて、4.5年前から本格的にシビれてきました。

当初は、整形外科でお薬を飲まれていましたが、変化を感じられないので中止されています。相談しても手術しないと改善しないと言われているそうです。

腰部脊柱管狭窄症の人が何が辛いって、シビレが辛いのです。あのシビレは体験しないと分からないです。

私も坐骨神経痛の持病がありますから、辛さは理解できます。

治療

週1回の鍼治療と、週2回の加圧リハビリ®を行います。脚力自体も低下していて、当初は大変でした。

鍼は13回、加圧リハビリ®は26回行いましたら、なんとかシビレも多少改善してきました。

改善の変化が足踏み状態になったので、ここでYNSA(山元式新頭針療法) を使うことにしました。

次の来院時に、凄くシビレも取れましたと喜んで言われました。さすがの効果です。私も初回でこれほどの効果が出るとは、大変驚きました。

当然、頭皮針の前には耳針療法も併用して素地を作っています。

これらの色々な効果が相俟って、難治性のシビレも改善します。

患者さんは親の看病のため、おいそれと手術するわけにはいかない状況なので、この治療で改善する事が最適と思われます。

今後、後期高齢者になり、時間が取れるようになれば手術に向かうのでしょうが、やっぱり切らずに一生を終えれば一番良いです。

手術すればシビレや痛みが取れるはずなのですが、一定数変化の出ない人がいます。これは切ってみないと分からないのです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。