お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

村上宥快和尚さん説法「八正道の実践存続の方法を伝える」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

仏教関連の雑誌や新聞への投稿記事です。

八正道の実践存続の方法を伝える

長い年月抱き総けてきた生命に対する疑問も解け、宗教の実践、その修行の方法を生活の中に生かすことが可能となり、一昨年、昨年と、「調和への道」と「心と行い」との二冊を刊行することが出来ました。

この二冊は仏法の実践を通じて書き出された記録で、それだけに、寺院住職の方々には特に関心を持たれ、また、在家特信の人びともお読み下されました。特に「心と行い」は一冊目より読み易く理解し易いとの好評をいただき、今なお注文をいただいております。

『八正道-仏祖釈尊の根本の教え』をどのように活用するのか、多くの人々に知られていなかったようです。勿論、実践をするのにもアドバイスを受けなければ、本を読んだり話を聞くだけでは、なかなか心にしっくりと来ません。問題が日常生活が土台であることと、心が原点であるだけに。

荒行とか、在来の坐禅の修行とか、加行とか回峰行のような、肉体に対する厳しさというより貪瞋痴とんじんちの心の在り方が重点ですから、三毒という考え、惑は己の心を呵責かしゃくすることでもないのです。

また、自己に対する卑下や自己嫌悪でもなく、八正道に照らして悪いところは総て修正する以外にないのです。それに必要なことは勇気と智慧と決断が要求されることです。

さまざまな人びとが私のところに尋ねて来られ、研修をしますが、一度ぐらいでは身につきません。軌道にのるまではかなり時間がかかります。

仏法の教えは簡単でありますが、心の修正となると忍耐がいるものです。業(カルマ)の修正はマンネリ化してをいるだけに、欠点発見には相当工夫もいるわけです。

理解実践が出来るようになるとこんな素晴らしいことはありません。肉体行で得たものとは雲泥の相違であります。その意味でこの八正道の実践存続に力を入れ、この方法を皆様にお伝えするためにも、今年は研修会などを少しでも多く開きたいと存じます。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。