尋常性乾癬・坐骨神経痛しびれの73歳男性、数回の治療でようやくしびれも減少してきました

色々な治療を受けられていましたが、変化が無く来院されました。

解説

乾癬 – 17. 皮膚の病気 – MSDマニュアル家庭版

乾癬 – 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)

乾癬性関節炎 Psoriatic – 08. 骨、関節、筋肉の病気 – MSDマニュアル家庭版

坐骨神経痛 – Wikipedia

症状

尋常性乾癬、心臓病、高血圧のお薬を飲まれています。

平成29年に腰椎圧迫骨折になっています。

坐骨神経痛のしびれのお薬は多剤処方になるので、処方されないそうです。

しびれは起床時に一番強く、感染性関節炎の可能性も指摘されています。

治療

当院の坐骨神経痛のしびれの治療を行います。

乾癬性関節炎の疑いがあるので、解剖運動学矯正法を行っても反応しないです。

しびれに著効のある、長田式無血刺絡療法を用います。

尋常性乾癬の炎症状態を解消するために、高濃度人工水素水浴を行います。

結果

6回の治療で、坐骨神経痛のしびれは減弱してきました。

腰部の側弯も減少してきました。

尋常性乾癬による色素沈着も、本人さんが自覚できるほど薄くなってきました。

今後も続けることにより、もっと改善するでしょう。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。