お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

両母指CM関節症の62歳男性 6回目の来院(初検後2年8ヶ月) 時々出る強い痛みも治療で軽快になりました

遠方からの来院です。東京都からお越し下さいました。

今回で6回目の治療です。

新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言により、県外への外出を控えられていて、いつもより期間が空き、8ヶ月ぶりの来院です。

今までの経過

状態

母指CM関節症、右>左で強い痛みが時々出ます。

左手のCM関節は時には普通の腫れない状態になります。右手は時々鋭い痛みが出ます。

変形は右側が少し進行した印象です。

股関節のストレステストを行うと、今までに無かった引っかかりが生じています。

これは仙腸関節の異常です。

この仙腸関節の機能不全が両母指CM関節の痛みを誘発しています。

治療

今回は、いつもの治療ですが特に、関連する脊椎椎間関節や仙腸関節の副運動の可動性回復を目的とした矯正法マニュピュレーションを入念に行いました。

治療内容

1回で最大限の治療効果を出すために、これだけの治療が必要になります。

  • 母指CM関節自体の抗炎症
  • 外側脊髄視床路への神経促通
  • 関連する脊椎椎間関節や仙腸関節の副運動の可動性回復
  • 新しく開発した腸腰筋治療
  • 骨盤と肋骨の動的可動性の回復と立位体幹軸の修正
  • 患部の悪玉活性酸素除去
  • 患部の血流改善と上肢筋群の筋力向上

使用する治療法

  • 低周波通電/微弱電気通電
  • チクチク療法(長田式無血刺絡療法)
  • 解剖運動学矯正法・マニュピュレーション
  • 村坂腸腰筋療法(仮)
  • パーマー式カイロプラクティック
  • アクティベーター療法
  • 高濃度人工水素水浴
  • 加圧リハビリ(医療目的加圧トレーニング)

チクチク療法だけ痛みを伴います。

結果

痛みも相当減少し喜ばれました。

次回は今秋に来院されます。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。