お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

村上宥快和尚さん説法「夢の中で」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

夢の中で

守護霊が反省の素材を夢の中で見せてくれて、同じことを三回も四回も失敗ばかりする場合があります。

夢の中で反省をして、また変なところへ手を出してしまった、これは穏やかではありません。

私たちは、夢の中でも自分の心を制御できるようにならなければいけません。

反省のテストをしてくるのは、自分の魂の兄弟たちなのです。

寝る時に『心行』を読んでおきますと、守護霊は反省の材料を提供してくれるのです。

夢の中のテストはノンストップですから、こういう心が自分の心で働き出すと、皆さんの魂の条件が、だんだんと進歩している証拠なのです。

テストを通過してごらんなさい。大変気持ちがいいものです。

意識体を、あの世で手術をすることもあります。私などもジタバタして、あの世の手術台に入りました。

朝、床から起きて、苦しくて、苦しくて、夕方になるまでは苦しさがありますが、火点頃になりますと、私たちの心は本当にすっきりしてきます。

火点頃(ひともしごろ)とは – コトバンク

ですから守護霊に頼んで、光子体の手術をしてもらうと良いでしょう。

私の守護霊は医者ですから、手術台でも乗せてしまいます。その日一日は、ちょうど舟で二日酔いをしたような感じがします。

そして、それが過ぎて夕方になると、スッキリした気持ちになるのです。

意識体が綺麗になってきますから、この気持ちの良いことは、ちょっと類例がないほど気持ちが良いのです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。