母指CM関節症の60歳男性、7ヶ月後に再来院(2回目)、痛みも軽減し今後も整備士が続けられます

遠方からの来院ありがとうございます。東京都からお越し下さいました。

前回から7ヶ月ぶりの来院です。

前回の治療

その後

前回の治療で、1ヶ月は痛みが無い状態だったそうです。

その後、痛みが出できましたが、自己リハビリにて良好な状態を保っていました。

自己リハビリの確認と治療を受けられるために再来院されました。

今回

初回と同じく、母指CM関節症は右>左が悪い状態ですが、変形は進んでいません。

変形が進まないことは驚くべき現象です。

患者さんは「左CM関節はほぼ痛みを感じなくなり、右CM関節は痛い日もあるけど全く痛くない日もあります。仕事もできるので助かります。」と言われました。

このように、自己リハビリや長田式無血刺絡療法=チクチク療法にて、痛みのコントロールがしっかりできているので素晴らしいです。

ご自身でも独自のストレッチ法を編み出して披露して下さいましたので、正しいかの確認もしました。

基本が分かれば後はご自身でドンドンやり方が工夫できます。

股関節の開排運動も右股関節に痛みと引っかかりがありましたが、今回はスムーズに動きました。多少、違和感が出る程度です。

仙腸関節などの副運動が半年以上も良い状態を保っていたと治療効果の確認が出来ました。

今回も解剖運動学矯正法を行いましたので、治療後は股関節は驚くほどスムーズに動きます。

このように適切な治療を行えば効果は持続し、何回も治療する必要もありません。

2回目3回目と治療を続ければ、益々良い状態に改善されます。

特製サポーターが劣化

お仕事が整備士なので、保護クローブの中にサポーターを着けます。

頻繁に洗濯をするので素材が劣化しています。通常はここまで劣化することは無いのですが、新しく購入して頂きました。

特製サポーターの装着が少し違っていた

特製サポーターの装着が少し違っていました。

この状態だと、母指CM関節への固定と捻れの修正が弱いので再び学んで頂きました。

患者さんも直ぐ理解されます。

新しい村坂ストレッチ法

新しい村坂ストレッチ法も学んで頂きました。

日頃毎日、村坂ストレッチ法を行われていますので、直ぐ分かられてコツも習得されました。

益々、効果が期待できます。

頻尿(過活動膀胱)にはソマプレーンを

昼も夜も頻尿で困られていたので、ソマプレーンを購入されました。

当院でも試して頂いていますが、徐々にですが効果はしっかり出るようです。

来院される患者さんへは販売しています。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。