両母指CM関節症の61歳男性 5回目の来院(2年後)治療 左手の痛みは無くなるが右手は酷使して痛い

2018年から通院されています。半年おきに来院され今回で5回目です。

東京都から車でお越し下さいました。

いつも奥様同伴で、休憩は梓川SAにて開院時間に合わせて運転されてみえます。

今までの経過

1回目

2回目

3回目

4回目

今回の治療

お仕事がオートバイ販売や整備をされています。

事故車などの外装品を剥がす時に右手を酷使されていました。その結果、今回は前回と違い右手CM関節に痛みが出ます。

片や左手は全く痛みが感じないそうです。

初診時から、両手共にある程度の変形は存在してますが、日頃から当院提供の村坂ストレッチ法を行われているために、良好な状態を保っています。

治療内容

頻繁な通院ができないので、一度にこれだけのことが必要となります。

  • 母指CM関節自体の抗炎症
  • 損傷した組織修復
  • 外側脊髄視床路への神経促通
  • 関連する脊椎椎間関節や仙腸関節の副運動の可動性回復
  • 新しく開発した腸腰筋治療
  • 骨盤と肋骨の動的可動性の回復と立位体幹軸の修正
  • 患部の悪玉活性酸素除去
  • 患部の血流改善と上肢筋群の筋力向上

使用する治療法

治療時間は2時間以上かかります。

  • 低周波通電/微弱電気通電
  • 特殊電気鍼治療(独自開発)
  • チクチク療法(長田式無血刺絡療法)
  • 解剖運動学に基づく矯正法
  • 村坂腸腰筋療法(仮)
  • パーマー式カイロプラクティック
  • アクティベーター療法
  • リアライン療法
  • 高濃度人工水素水浴
  • 加圧リハビリ(医療目的加圧トレーニング)

結果

今回も治療後は痛みも軽減し指の動きも軽快になりました。

頻繁な通院が困難でも、継続した治療の蓄積により症状の改善が期待できます。

次回は来年の春に来院される予定です。

関連痛の存在、改変引用:Dermatome (anatomy) – Wikipedia

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。