結果を出す手技療法のパイオニア

人口15万人の飛騨地方でも【一般用加圧トレーニング装置 KAATSU C3®】が売れ始めました 本物を理解して頂き感激ひとしおです

加圧トレーニング®は本当に凄い効果が出ます。日々、リハビリで使い驚きの連続です。

ニセモノにご注意

とある人が「知人がXXで加圧をやったんやけど、やった後凄くしんどいと言われたんですよ、私はそんなことないのに何でなのですか?」と質問をされました。よくよく話を伺うと加圧トレーニング®の資格者ではありませんでした。

違うベルトを巻いて間違った方法を【加圧トレーニング®】だと言われても、答えようがありません。

未だに、違う血流制限トレーニング(Blood Flow Restriction Training)を、加圧トレーニング®と称するニセモノが後を絶ちません。

ニセモノが出ることが本物の証しでもありますが、辟易する日々です。

登録商標の記号には「®」が使われます。

無資格者が、【登録商標:加圧トレーニング】の名称を、ユーザー様へ言うことや広告などに使われると商標権侵害となります。現在罰金は非常に高額ですから、くれぐれも表現にはご注意下さい。
 
無資格者や過去取得し失効した者が【加圧トレーニング®、加圧リハビリ®、加圧サイクル®】を名乗る場合があります。受けられるときは正規の資格者かお確かめ下さい。

他人への加圧リハビリ®は、医療系国家資格者しか行えません。

認定資格者・認定施設 | KAATSU JAPAN 加圧トレーニング

加圧トレーニング®の1番の効果

なんと、血管(動脈)が柔らかくなります。一般の人は理解して頂くのが難しいかもしれませんが、これは奇跡に近い現象なのです。

加圧トレーニング®、加圧リハビリ®、加圧サイクル®を行うだけで、一酸化窒素が出で、血管の柔軟性が回復するのです。

通常は、厳しい筋トレで一酸化窒素が出ます。

一酸化窒素 健康 – Google 検索

若さや健康の基本は血管の柔軟性なのです。筋肉では無いのです。

現象の順番は、血管の柔軟性が回復すると、筋肉の柔軟性が回復し、結果として筋肉量も増え、筋出力が増えて、最終的に関節の負担が減るのです。

これを勘違いしているトレーナーが多く、加圧ベルトを巻いて、えっちらほっちら運動をさせて、結局、ユーザー様の関節を早く壊しているのが実情なのです。

ダイエットはカロリー計算で、運動ではありませんから、間違え無いようにして下さい。

太っている人は痩せたいし、痩せている人は太りたいと願うの当然ですが、体格は人それぞれの備わりなので、極端な望みを持たないことが賢明です。

よくある運動で痩せるのは、ヘトヘトまで運動することにより、三大欲求の食欲が減り、休憩を優先するようになるからなのです。

関節は消耗品なので、運動して筋肉を付けましょうと言うのは間違いなのです。立ち座りで違和感があった段階で、関節は壊れ始めています。

一般用加圧トレーニング装置C3販売

加圧トレーニング®、加圧リハビリ®、加圧サイクル® をご自宅で行えます。

詳しくは下記リンク先をご覧下さい。

この一般用製品の素晴らしい点は、ご家族で一緒に使える点です。

ご家族で体格差があり、手足のベルトサイズが合わない場合は、ベルトのみサイズ違いを購入して頂きます。

  • 商品名:KAATSU C3(カアツ シースリー)
  • 商品価格:¥225,500(税抜価格 ¥205,000)
  • 商品内容:KAATSU C3本体、うで用ベルト(左右)、あし用ベルト(左右)
  • 商品保証:1年
  • 電話・メール・ビデオ会議による1年間無料サポート(当院独自)

【特典】当院は加圧リハビリ®の臨床経験が豊富なので、一般の方法に加えて、不安を抱える関節や諸症状の改善に最適の方法をご提案させて頂きます。

ベルトのみ:腕用(左右セット)¥28,600(税抜価格 ¥26,000)/脚用(左右セット)¥37,400(税抜価格 ¥34,000)※ストッパー弁は別売り(1,375円/個)

アメリカ製なので、昨今の円安で値上げされるかもしれません。

第1号のユーザー様は

開業当初からの患者さんです。69歳になられ、膝関節を痛めて高山市から来院されました。

膝には不安があったので、以前から加圧手巻きベルトは使用されていましたが、年と共に面倒になり、段々やらなくなっていました。

今回のケガで、膝の不安を言われまして、提案をしたら購入を即決されました。

KAATSU C3(カアツ シースリー)の場合は、一般用で唯一、加圧サイクル®を行えるので、自動で運動した状態を実現できます。

もう一度言います。関節は消耗品なので大切に使いましょう。壊れかけた関節は元には戻りません。

唯一、加圧トレーニング®で関節に負荷をかけずに筋肉を回復させることが可能です。筋トレでは無理なのです。

関節の痛みは全てではありませんが、鍼治療で自然に回復することができます。でも筋力は回復しません。

本当に筋力が必要と思われるのは70歳代からですが、気づいたときには手遅れになっていますから、早目に対策を行った下さい。

残念ながら、毎日の散歩では筋力は回復しません。肺と心臓には良いです。

加圧ベルト/手巻きと空圧式の違い

空圧式の歴史は古く、佐藤義昭会長も製品の開発に大変苦労されました。

現在は、加圧サイクル®が確立し、自動的にその人に合った最大効果を出せるようになりました。

手巻き加圧ベルトは、ユーザー様の安全が担保できないために販売が中止されました。

CNN健康情報より

KAATSU®機器で発生させる四肢の充血(blood pooling)は、一酸化窒素(NO)、ヒト成長ホルモン、インスリン成長因子-1(IGF-1)、ベータエンドルフィン(内因性オピオイド)の分泌など、いくつかの自然に発生する生化学反応を促進します。

これらはすべて、血液供給の増加、組織損傷の防止、体組成と筋肉成長の調節において異なる役割を果たし、骨や組織を成長させ、痛みを抑えます。

出典:米国CNNヘルス
Blood flow restriction training: What it is and how to practice – CNN

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。