お薬を使わない手技治療のパイオニア|痛みやしびれを早く治す治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

何を食べたら健康長寿になるのか分からない混迷の時代、エビデンスに基づき方向性を示す最高の書

食べ物も「これを食べると体に良い」という番組が多いですが簡単に信じてはいけません。

テレビ番組は話を大きく取り上げる傾向があります。

食べ物自体も利点と欠点があるからです。

雑食が良いと私は思います。極端な偏食は思想も偏ります。

糖質制限食も1食だけ行う、「緩やかな糖質制限食」がずっと続けられますのでおすすめします。

日本人には炭水化物も必要と考えています。

世界的にも全粒粉食は健康に良いとコホート研究のデータがあります。

コレステロール値も運動で下がりますが、継続した運動を数年に渡りできる人は1,000~1,500人中たったの1人だけです。

さっさとお薬を飲んで美味しいものを食べましょう。

佐々木敏先生のご著書

佐々木 敏(ささき さとし) 東京大学大学院医学系研究科社会予防疫学分野

「佐々木敏のデータ栄養学」トークライブのスライド

EBM(evidence-based medicine)原論 (栄養を例にして: evidence-based nutrition) 疑う習慣を持とう 反論を考えよう “Critical thinking” is recommended in Science. 疑うためには、「弱点」を見抜く力が要る 反論するためには、「証拠に基づいた論理」が要る

佐々木敏の栄養データはこう読む!

  • 第一章:こんなにややこしい?!あぶらと脂質異常症との関係
    1コレステロール値を下げるには
    2揚げ物と高コレステロール血症
    3トランス型脂肪酸の問題点
    4中性脂肪値を上げない食べ方
    5コレステロールと寿命の関係
  • 第二章:こんなに大問題?!食塩と高血圧
    1生活習慣病対策のためのアクション
    2あなた自身の減塩の必要性
    3歴史のなかでの食塩の役割
    4日本人と減塩
    5日本人のカリウム摂取の特徴
  • 第三章:不思議がいっぱい!肥満問題
    1人は食べたものを忘れる動物である
    2肥満と食べ方の深い関係
    3甘い飲み物はなぜ健康によくないのか?
    4朝食の健康影響
    5理想的なBMIの値とは?
  • 第四章:呑んべえ必読!お酒、なにをどれくらい、どのように飲むか
    1健康によいお酒とは
    2「適量」を科学する
    3プリン体と痛風との関係
  • 第五章:究極の健康食?地中海食から糖尿病管理まで
    1地中海食は和食より健康的か?
    2低炭水化物食の真実
    3糖尿病と食物繊維
    4高たんぱく質食の糖尿病への効果
  • 第六章:あなた自身が試される!「栄養リテラシー」の時代
    1科学と非科学の境目としての「出典」の意味と価値
    2栄養健康情報と利益相反
    3栄養健康情報はここでゆがむ
    4研究蓄積量と栄養健康情報

佐々木敏のデータ栄養学のすすめ

  • 第一章:健康的な食事?その舞台裏に真実をさぐる
    プロローグ [モンゴル] 赤い食べ物と白い食べ物
    1野菜 「1日に350g」の根拠はどこにあるのか?
    2卵 血中コレステロールにとっては要注意食品か?
    3減塩 研究結果の不一致をどう読むか?
    4全粒穀物 なぜよさが広まらないのか?
    5機能と効果の違い イヌリンで血糖値は下がるか?
    まとめ「健康的な食事」つてなんだろう
  • 第二章:ビタミン 不安と誤解の根拠をさぐる
    プロローグ [メキシコーマラウイーアメリカ南部] とうもろこしの光と影
    1ビタミンA 夜盲症とヒマラヤの白い目玉焼き
    2ビタミンD 魚と紫外線の微妙な関係
    3壊血病とビタミンC 権威主義と思い込みの科学史
    4災害とビタミンB1 東日本大震災で脚気の再来はありえたか?
    5豚肉とビタミンB1 夏バテに豚しゃぶサラダのナソ
    まとめ ビタミンー歴史と民族と自然に学ぶ
  • 第三章:無機質(ミネラル) 過剰反応と無関心の構造
    プロ囗-グ [バングラデシュ] 赤い井戸とヒ素汚染
    1カドミウムとヒ素 日本のお米は危ないか?
    2カルシウム 「充分に」とはどれくらいか?
    3鉄 貧血の原因は食事か体質か?
    4電化製品と減塩 胃がんの減少に最も貢献した職業はなにか?
    5社会と減塩 イギリスはなぜ成功したのか?
    まとめ 無機物―危ない?足りない?気にしない?
  • 第四章:炭水化物・糖 伝統と流行のはざまで
    プロローグ [ペルー] インカの本当の黄金
    1低糖質ダイエット 糖尿病の予防と管理に有効か?
    2地球レベルで考える食事法 低糖質ダイエットの魅力と問題点
    3食べる順序 「野菜先食べ」と糖尿病
    4グリセミックーインデックス 糖尿病の予防と管理に有効か?
    5果物 糖尿病の予防と管理には控えるべきなのか?
    6セカンドミール効果 朝食抜きは糖尿病のリスクか?
    7太っていない人こそ要注意 お酒で糖尿病は予防できるか?
    まとめ 炭水化物・糖―庶民の糧か?健康の敵か?
  • 第五章:データ栄養学の時代 「事実」は「思う」よりも重い
    プロローグ [ギリシャ] 地中海食はなぜ世界の健康食になれたのか?
    1「思う」より「事実」 減塩パンはおいしくないか?そして、売れないか?
    2統計データの活用倫理 野菜摂取量の推移で考える
    3メタ・アナリシス 緑茶カテキンでどれくらいやせるか?
    4栄養価計算 食べ物と栄養素の複雑な関係
    5平均への回帰 再検査で異常なしと出るのはなぜか?
    6確度と強度 赤身肉に発がん性ありならば避けるべきか?
    まとめ データ栄養学の時代-栄養学から栄養疫学へ

菊芋(イヌリン)を食べても血糖値は「下がるとは言い切れない」と言われています。

わかりやすいEBNと栄養疫学

これから勉強したいと思います。
 

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。