結果を出す手技療法のパイオニア

そけい部が痛い40代女性 解剖運動学矯正法・遠絡統合療法にて即消痛 加圧リハビリで持続効果を

高山市から来院されました。

女性はもともと股関節が弱いので、中年以後に股関節痛になる場合が多いです。

変形性に移行するのもありますが、原因は腰の仙腸関節のすき間です。

その反対で腰痛の診断で医者も本人も思っていたら、急に変形性股関節症になり手術になる人は数多いです。関連性はあります。

この患者さんも仙腸関節ストレステストにて異常がありました。

治療

仙腸関節の副運動を回復させる矯正を行います。

全身に流れるラインの修正のため遠絡統合療法を行います。ラインとは全身に流れる川のように考えて下さい。神経、血液、リンパなどです。

鍼以外の東洋医学の治療では最強と言われています。

持続効果と再発予防のため、加圧リハビリ®を行います。

治療後

治療後、仙腸関節ストレステストは陰性になり、股関節の動きも正常に痛みも無くなりました。

それぞれの治療単独でも所定の効果は達成できますが、複合させることにより即効性と持続性を得ることができます。

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。鍼師、灸師、柔道整復師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。