お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

きばって葱を抜いて肋骨を痛めた84歳女性 ソマニクスと赤外線LEDにて痛みが激減しました

骨粗しょう症で背中が曲がっています。それの治療は受けていますて骨量は現状維持です。

ビスホスホネート製剤を続けることが良いのか悪いのかは今後の研究に期待しましょう。5年以上続けても意味が無いようですがどうなのでしょうか。

葱の収穫で

葱の収穫で、きばって引き抜いたときに違和感はあったそうです。

負傷後、4日目に痛みが強くなり来院されました。

治療

骨粗しょう症の既往があるので不全骨折の可能性もありますが、この場合はレントゲンに映らない場合が多いし、治癒までの時間は同じなので撮影は不要としました。

本来なら、チクチク療法を行いますが、高齢者に痛いのを我慢されるのも可愛そうです。

今回は、微弱電気治療、ソマニクス、赤外線LEDにて、2日目に痛みが相当減少したと患者から言われました。

治療ポイントは、デルマトーム図の支配と疼痛部位との関連を考慮します。

本来、このような症状は、痛みがマシになるのが2週間、完全にとなると4週間必要ですが、治療が奏効しました。

患者さんは、治療期間中に痛み止めや湿布は使用していません。

高齢者には、痛み止めが腎機能に負担をかけるので、このような東洋医学的な治療がもっと普及すると良いです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。