お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

【くも膜下出血後2.5ヶ月の88歳女性】力が入らない立つのに介助必要・目まい・足が前に出ない・仮面様顔貌が改善した一症例

以前、脊柱管狭窄症の治療で通院されていました。

脊柱管狭窄症の足のしびれはほぼ解消され、米寿の旅行も無事行くことができました。

来院までの状態

昨年11月に出先で気を失い転倒し救急で入院しました。

検査の結果、くも膜下出血の診断で2ヶ月間入院しました。その後、自宅療養をしていました。

今月、目まいを発症しMRI等の検査をしましたが異常はありませんでした。

「セファドール」「トラベルミン」の処方をされ、就寝時は目まいが落ち着くそうですが、日中は効果が無いそうで目まいがします。

後、目まいで転倒し肩を痛め手が95度以上に上がらなくなりました。

初検の状態

回転する目まい、椅子から立つのに介助が必要、足が前に出ない、と訴えられます。

腱反射は膝蓋腱反射は異常亢進していますが、アレス腱反射や手の反射は正常です。

膝蓋腱反射は異常亢進は、脊柱管狭窄症の反応です。

肩関節は腫脹を認めます。

治療

チクチク療法と高濃度水素水浴を行います。筋力反射効果を狙い加圧リハビリは当然必要ですが、経過を見ながら実施することになります。

腰掛けから立つのに介助が必要でしたが、ご自身で立てるようになりました。

目まいも無くなりました。

仮面様顔貌も、目がハッキリ開くようになり笑顔も出るようになりました。

このような良い結果が得られて、ご家族もたいへん喜ばれました。

効果の持続時間は大変個人差があり、2.3日から1ヶ月の間です。なぜこんなに差が出るのかは不明です。

今後の継続通院が必要になります。

しばしば、このような劇的な変化が得るのを経験しています。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。