お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています・小又「こまた」と読みます

クライミング・ボルダリングの動作から解説する、ヘバーデン結節やブシャール結節になる理由

ボルダリングは近年流行しています。達成感が味わえるスポーツです。

ヘバーデン結節は指の第1関節(DIP関節)が、ブシャール結節は指の第2関節(PIP関節)が、変形し曲がってしまう原因不明の疾患です。

中高年の女性に多いです。

クライミング・ボルダリングのやり過ぎで発症する場合があります。

 

クライミング・ボルダリングと指の関節

指をフックの様に使い、壁面を登ります。激しく指に繋がる筋肉を酷使します。

この動作がヘバーデン結節やブシャール結節になる一つの原因です。

中年女性に多いのも、仕事でニッパやペンチなど握る動作が多かったり、指先に連続して強い力がかかると罹ります。

いくら酷使しても手指の筋肉は頑丈で回復が早く、年齢が若いときは一晩寝れば腱や筋肉の状態が元に戻りますが、加齢と共に戻らなくなります。

自分で、過緊張した筋肉や腱や靱帯を緩める事が必要になります。

クライミング・ボルダリングで指の痛みや変形が強く出る場合は、指の関節が弱いのが原因ですから、このスポーツが不向きです。

変形が落ち着けば痛みは無くなりますが、変形の予防法はストレッチのみ有効です。

疲労する筋肉

ヘバーデン結節に関連する「深指屈筋」

ブシャール結節に関連する「浅指屈筋」

 

当院独自の治療

外側脊髄視床路への治療にて痛みと炎症はすぐに消退します。

 

栄養状態の見直し

どうもこのような関節疾患になりやすいに人の傾向として、ゼラチンなどの結合組織物質の吸収が悪かったり、そもそも食べていない印象があります。是非、試して下さい。

 

指が90度まで反りますか?

反らないようなら、浅指屈筋や深指屈筋が固くなっています。

村坂ストレッチ法の紹介

違う症状でもこのストレッチ法で改善する可能性が高まります。

 

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。