お薬を使わない手技治療のパイオニア|痛みやしびれを早く治す治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

ベーカー嚢胞の75歳女性、治療で80%嚢胞は消退しましたが翌日には元に戻っていました

遠方からの来院ありがとうございます。東京都から来院されました。

2日に渡り治療を行います。

来院までの状態

  • 7.8年前から、ベーカー嚢胞が出できた。
  • 近医の整形外科を受診したが、膝裏は動脈か近いので穿刺排液はできないとの診断。以後、放置していた。

  • 今年の夏から余計に腫れてきたので、当院受診を考える。

初検の状態

左膝裏に6×6㎝のベーカー嚢胞を認めます。

フーシェ徴候も陽性です。
Foucher’s sign: The cyst becomes hard with knee extension and soft with knee flexion;
フーシェの徴候:嚢胞は膝伸展位では硬く、膝屈曲位では柔らかくなります。

左下腿全体が腫れています。患者さんは、ベーカー嚢胞が腫れると下腿も腫れるとの事です。

膝を曲げることにより、ベーカー嚢胞が脈管系に影響していると推察されます。

正座は可能です。

治療内容

当院のベーカー嚢胞に対する治療を行います。

足指も親指は強かったのですが、2-4指が弱かったです。村坂ゴムバンド足指強化法を学んで頂きます。

結果

初回の治療で、嚢胞は80%消退しました。患者さんが触った状態もほぼ消失した感じです。

2日目、午前来院時の状態はは、再び戻っていました。

同じ治療にて、嚢胞は80%消退しました。

逆止弁(隔壁)の交通はある模様

このような状態は、逆止弁は塞がっていなく、前部関節包との交通があるようです。

下肢筋力向上と、足指の強化を行って頂ければ、嚢胞も悪化せず小さくなると考えます。

今後の筋力低下を危惧され加圧トレーニングを希望されましたので、東京都の加圧トレーニングを行っている先生を紹介しました。

ベーカー嚢胞(嚢腫)は様々

患者さんにより状態が様々です。

逆止弁(隔壁)が固かったり、嚢胞が一つでは無くいくつもある場合(多房性)は、当院の治療では反応しづらいと考えます。

実際、治療しないと分からないのが実情です。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。