お薬を使わない手技療法のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

ベーカー嚢胞の59歳男性、再治療すれど嚢胞は消退しませんでした、2ヶ月後に来院されます

遠方からの来院ありがとうございます。北海道から来院されました。

2回目の治療です。

1回目の治療内容

1ヶ月前に来院され治療しました。

今回の状態

膝前面にも腫れを認め、軽度の水腫(膝の水)もあります。

先月より状態が悪いです。

村坂ゴムバンド足指強化法も一生懸命やれらていて、下腿筋の筋力も向上しています。

ゼラチンの摂取も行っています。

治療内容

当院規定のベーカー嚢胞の治療を行います。

前回と同じ治療です。

逆止弁(隔壁)が開かない結果に

関節包も男性のほうが固い傾向にあります。

治療後は、膝前面の腫れや軽度の水腫(膝の水)は消退しました。

ベーカー嚢胞に対しては、特殊手技で消退するように行いますが、難渋しました。

今回も消退しませんでした。

整形外科を受診され、1度、穿刺排液(嚢胞の関節液を抜く)をして頂くように助言しました。これで弾みがつくかもしれません。

1月に来院される予定です。

この記事を書いた人

Avatar photo

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。