お薬を使わない手技治療のパイオニア|痛みやしびれを早く治す治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

関節リウマチ(RA)70歳代、日常の関節の痛みや違和感が長田式無血刺絡療法で消失

斯界の技術革新である、チクチク療法(長田式無血刺絡療法)の臨床例です。

チクチク療法とは

チクチク療法普及会

発明されたのは脳神経外科医の長田裕先生です。

普及に尽力されているのは、私と同じ国家資格者(柔道整復師・鍼灸師)の芝山豊和先生です。

特殊な道具を使用して、外側脊髄視床路の忌避刺激治療を行います。

ロキソニンなどの、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)より抜群の効果を出します。

トラムセットやリリカより良く効く場合も多いです。

世界標準メルクマニュアルの解説

関節リウマチ(RA) – 08. 骨、関節、筋肉の病気 – MSDマニュアル家庭版

疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD— 疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD))の発明で、関節リウマチ(RA)は劇的な変化をもたらしました。

昔、関節リウマチは専門病院へ入院して、ガンガンにステロイド剤を投与して、結局、骨がもろくなってどうしようもない状態になって、というのが無くなったのです。

トップページ│公益財団法人日本リウマチ財団 リウマチ情報センター 一般・患者様向け情報

人類の英知は素晴らしいです。

患者さん

抗リウマチ薬と免疫抑制薬を飲んでいますが、日常の関節の痛みや違和感を訴えています。

お薬の増量は無いそうです。

チクチク療法(長田式無血刺絡療法)は安全

治療すると、翌日は痛みが強くなりますが、3日後には痛みや違和感は消失します。

下がらなかった炎症反応(CRP)も正常域になりました。これは主治医も驚かれました。

この治療の素晴らしいのは、痛みの少なくなったり無くなる期間が、今までの物理療法の中では一番成績が良い点です。

これが患者さんへの福音になります。

しっかり、医師の治療で関節破壊を防ぎつつ、普段の痛みは私たちの治療で対処も可能です。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。