お薬を使わない手技治療のパイオニア|痛みやしびれを早く治す治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

膝蓋大腿関節(PF)障害の50歳男性、治療で痛みは一旦消失しましたが、村坂ゴムバンド足指強化法(リハビリ)で改善します

遠方からの来院ありがとうございます。山梨県からお越し下さいました。

公共交通機関だと、直接の経路がありませんので凄く時間かかりますが、自家用車で来られたので3時間弱だったそうです。

2日に渡る治療日程です。

これまでの経過

10年前から、片膝を曲げる途中が痛いそうです。曲げてしまえば痛くないそうです。

「膝の皿の裏が痛いんです」と訴えられます。

仕事柄、狭い場所での仕事が多く、腰、背中、首に痛みとコリを訴えられます。

1日目の治療

当院の上記症状に対する治療を行います。

流れは母指CM関節症と似ていますが、使う手技が若干違います。

治療後、こんなに爽快になるとはと驚かれ、大変喜ばれました。

2日目の治療

まだ膝の痛みが残っています。

膝蓋大腿関節の痛みは取れにくいのが特徴です。

脊柱のX番とX番がこの症状に対応するポイントがありますので、そこを刺激したら痛みが消失し、膝が普通に曲げられるようになりました。

ただし、一時的になるので、関節の栄養であるゼラチンの摂取と村坂ゴムバンド足指強化法の自己リハビリを学んで頂きます。

膝が壊れる本当の原因は、足指を使わないから衝撃が直接加わるためです。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。