お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

外反母趾を自分でできる改善法・3 足底筋にゴルフボールを使っての体操を

運動法(リハビリ)を公開します。治療より自宅での運動が大きな効果を出します。

足底の筋肉は思った以上に縦横無尽に走っています。

 

足底筋群や足部に関わる筋肉

ざっと、これくらいあります。
前脛骨筋(ぜんけいこつきん)
長腓骨筋(ちょうひこつきん)
短腓骨筋(たんひこつきん)
第三腓骨筋(だいさんひこつきん)
長趾伸筋(ちょうししんきん)
長母趾伸筋(ちょうぼししんきん)
後脛骨筋(こうけいこつきん)
小趾外転筋(しょうしがいてんきん)
短趾屈筋(たんしくっきん)
母趾外転筋(ぼしがいてんきん)
虫様筋(ちゅうようきん)
足底方形筋(そくていほうけいきん)
底側骨間筋(ていそくこっかんきん)
背側骨間筋(はいそくこっかんきん)
短趾伸筋(たんししんきん)
短母趾伸筋(たんぼししんきん)

足底筋群
この何筋をを鍛えてということは、全くのナンセンスです。
色々な状況で、色々な動きをしますので、簡単にどうすればということはおかしいです。変な商材や商品に騙されないようにして下さい。

 

でも、どうすればいいの

現在は、村坂ゴムバンド足指強化法が最適なので、ゴルフボールではあまり効果が期待できません。

お勧めは、ゴルフボールを足で転がすことです。また、ゴルフボールを足指でつかんだり離したりしましょう。
足指の動きが劣化している人は、それすらもやりにくい人が多いです。是非、日常生活に取り入れて下さい。
慣れてくれば、踏みつけるように力を入れて転がして下さい。

この方法が、今の所、安全で、足指の筋肉の動きを回復させます。
後は、土踏まずを支える履き物を履いて、散歩しましょう。

 

引用元:外反母趾 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/外反母趾

 

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。