お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

外反母趾を自分自身でできる改善法・1 まず足指でグーとパーを

当院開発の運動法(リハビリ)を公開します。治療より自宅での運動が大きな効果を出します。

グーパーができないから外反母趾に

そもそも論として、足指のグーパーができるなら外反母趾にはならないのです。

その場合は、当院提供の「村坂ゴムバンド足指強化法」を行って下さい。驚くほど効果が有ります。

下記は過去の方法です。

何が原因なのか

夏はサンダルを履く機会が多いのか、外反母趾の質問が多くなっています。

足指の地面をつかむ力や、動作が弱ってきているせいです。
高齢者の女性に多いのがその証拠です。現代人は、靴を履くことにより、足指を使って歩くことを忘れてきています。
これは仕方の無いことですが、改善方法はあります。

 

母趾外転筋が動いていない

スクリーンショット 2015-08-15 08.31.51
色が強調されているのが、該当筋肉です。それだけが問題ではありませんが。

 

まず足指を動かしましょう

基本の基本です。
足指でグーパーの練習です。暇なときはひたすらやりましょう。あぐらでやっても良いですが、慣れてくれば、立ってやりましょう。
事務職の人は、座って作業中もどんどん出来ます。

外反母趾が発病や進行している人は、グーパーの動作の時に小指側に親指が傾かないようにしましょう。

 

引用元:外反母趾 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/外反母趾

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。