お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

糖質制限を始めるなら、調味料を考えると続けやすいです

 

糖質制限が流行しています

炭水化物が目の敵にされていますが、本当の原因は調味料にあります。結局、その生活を一生続けるのですかという話になってきます。
やせるのは当たり前です。水分を保つ糖質が無くなるのですから。それに関しては後日解説します。

 

今の時代のうまみの正体

殆どが、甘みをうまみに替えています。アミノ酸のうまみを甘みにすり替えています。
市販の商品を見破ることは不可能だと思います。色々なフレーバーを使って行っています。
ここでは、それの善悪には言及しません。

 

甘いのが現代流

甘いのが現代流ですから、まず調味料を見直すことが大切です。調味料を正すことにより凄く糖質制限も楽にできます。

 

おすすめの商品は(全て試しています)

シュガーカット【株式会社浅田飴】
https://www.asadaame.co.jp/products/sweeteners/sugarcut.html
シロップです。入門用として最適です。砂糖と同じさじ加減で良いです。煮物に最適です。本来の砂糖の甘さに近いです。

カロリー0の自然派甘味料『ラカントS』
公式サイト http://www.lakanto.jp/
粉状です。砂糖とのさじ加減が違うので最初は難しいですが、全くのカロリーゼロです。

 

欠点は

当然、欠点があります。
どちらも人工的な甘さなので、ダメという人もいます。
甘みが本来の砂糖より少ないです。これが難点です。これは慣れるしかありません。
薄味がお好きなら意外にすぐ慣れます。

味覚が変わるので、外食が嫌いになります。外食好きの人には辛いことになります。
安易に砂糖で味をごまかしているお店が分かるようになります。
紹介の調味料に慣れると、昔はあんなに美味しかったお店なのに、最近美味しく感じないと。。。
実は隠し味で結構砂糖を使っていたという現実を知ることとなります。

 

対策は

これは、ずばり、出汁を使うことです。出汁をたくさん使ったり濃くしたりするのです。大変有効な方法です。本来のアミノ酸のうまみに戻りましょう。

 

これが本来基本の糖質制限です

炭水化物も必要な栄養素ですが、それに甘味料が加わっているので、必要以上の摂取となります。独身の方は、随意に食事をコントロールできますが、特に、家族で生活している人には使える技です。

下記の本は、専門家の目に耐えうる内容も含まれていますして多少難しいですが、是非お読み下さい。私も筆者として参加しております。

Amazon.co.jp: 正しく知る糖質制限食 ~科学でひも解くゆるやかな糖質制限~: NPO法人日本ローカーボ食研究会: 本 http://goo.gl/48uzZb

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。