お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

手を侵す変形性関節症(ヘバーデン結節・ブシャール結節)原因不明ですが手首と指のストレッチで軽快になります

女性で指を酷使した人になりやすいです。

変形しきると痛みは無くなります。

患者さんには「長年働いた勲章ですよ」と言っていましたが、女性にとっては一大事です。

しっかりコントロールしましょう。

現在の考え

解説

「へバーデン結節」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

リウマチではありません

手のひら側の近位指節間関節(ブシャール結節)

指先側の遠位指節間関節(ヘバーデン結節)

小結節の無症状の肥大,またはそれらの関節の屈曲などがあります。

いかに変形の進行を遅らせられるか

治療で、変形時の痛みを軽減するのは可能です。進行も遅らせるのも可能です。

痛みが強い場合は固定が必要です。

ただ、どの程度まで変形が進むのかは個人差がありすぎて分かりません。

なりやすい人の特長

力仕事や指先に力を入れる仕事の人。指の関節が緩い人。

力を入れると腱や靱帯が固くなるのでストレッチが良いです。

当院独自の治療

外側脊髄視床路への治療にて痛みと炎症はすぐに消退します。

現在は、自己チクチクが最良の効果を出すので、来院された人には指導しています。

通院よりも、毎日の自己管理になります。

栄養状態の見直し

どうもこのような関節疾患になりやすいに人の傾向として、ゼラチンなどの結合組織物質の吸収が悪かったり、そもそも食べていない印象があります。是非、試して下さい。

自己リハビリ「村坂ストレッチ法」

 

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。