お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

辛い症状が良くなると便秘が解消される、治療の副次効果になります

当院では便秘の治療は行なっていませんが、辛い症状が改善されると同時に解消される場合が多いです。

治療の副次効果と考えています。

世界標準のメルクマニュアルの解説

便秘 – 03. 消化器の病気 – MSDマニュアル家庭版

Google検索「便秘」

便秘 – Google 検索

治療で改善する理由

  • 腸腰筋がしっかり働くようになり、腸への刺激になる。
  • 治療で、交感神経緊張状態が改善され、副交感神経がしっかり働くようになる。

と考えています。

効果は一週間くらい

最初は、便がモリモリ出て驚かれます。

効果は一週間くらいですが、継続すると良い状態が持続します。治療を止めると元に戻ります。

症状が落ち着きますと、便秘が治る場合があります。

痛み止めを常用すると便秘になります

非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)を、常用すると便秘になるので要注意です。

 

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。