お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

加圧トレーニングのリハビリ目的使用で心胸郭比の減少を確認しています

心肥大由来の咳や不整脈が加圧トレーニングのリハビリ使用で改善しました。

2004年(平成16年)発表のデータです。

症例

心肥大3例(2例は人工透析中) 80歳女性、47歳男性、43歳男性

方法

非公開

結果

  • 心胸郭比の改善
  • 咳の消失
  • 担当医より心胸郭比が60%前半より50%前半に下がったとコメントを頂戴した。(全例)
  • 透析中の患者のドライウエイトは変化させていない。
  • 1例は4回(1ヶ月間)の加圧にて結果を得た。(80歳女性)
  • 他2例は改善まで、2~3ヶ月間、(8回~12回)
  • 不整脈は1回にて著明に改善した。

遠隔虚血プレコンディショニング

遠隔虚血プレコンディショニングは有効と無効の論文が出ていますが、当院ではこのような結果が出ています。

遠隔虚血プレコンディショニング – Google 検索

 
  * 加圧トレーニング関連の論文発表について | 村坂克之@小又接骨院のブログ 飛騨・高山・下呂

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。