お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

小児麻痺の既往歴がある50歳代女性、加圧リハビリを実施し手に力が入るようになり感覚に変化が出てきました

まだ専門医の診察を受けていませんので、ポストポリオ症候群の確定診断は出ていません。

解説

ポリオ(急性灰白髄炎・小児麻痺)とは

ポストポリオ症候群(PPS)について

罹患された時の詳しいことは不明です。

加圧リハビリを実施

加圧リハビリとは、加圧トレーニングをリハビリ目的で行う特殊な方法です。

麻痺側の筋力が落ちてきたのを実感されています。皮膚感覚の低下も訴えられています。

統計によれば50%前後の人がポストポリオ症候群(PPS)になり女性が多いとのことです。

2回実施で変化が出て来ました。

継続して加圧リハビリを行い、症状の回復につながれば幸いです。

感覚が回復する過程で止める人もいます

今まで鈍かった感覚がよみがえる時に、今までに無い痛みやしびれとして感じます。

この現象を悪くなったと判断されたり嫌がる人もいて、治療を止める人もいます。

麻痺が存在する患者さんにある事象です。

これを乗り越えるのかは患者次第になります。

 

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。