お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

村上宥快和尚さん説法「六親眷属ろくしんけんぞく

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

【注】和尚さんが言われた六親眷属は意味合いが違います。仏教で言うところの親類縁者ではなく魂の兄弟を指します。詳しくはリンク先をご覧下さい。

村上宥快和尚さん説法「魂のグループ」

六親眷属(ろくしんけんぞく)

生命は、無限の過去で神から分離して、宇宙空間にあの世という世界へ分離されたのです。

分離された生命体とは、六親眷属という六人の魂の兄弟がいて、それは本体を中心として五人の分身です。これが神からいただいた私たちの本当の生命であります。

B. 人間の魂の構成(魂の兄弟は6名)
①本体1 → ② 5人の分身→ ③人間
例:手のひらや指
手のひらが本体、指が分身、指の中でも役割がある
本体は分身のカルマも修正する責任がある

C. 魂の系列(魂の兄弟は6名)
①の系列(男本体1・男分子5)
②の系列(女本体1・女分身5)
③の系列(男本体1・男分身2女分身3)
③の系列(女本体1・女分身2男分身3)

引用:村上宥快和尚さん説法【八正道の理解と具現】正法の要(第11回/全11回)

あの世へ還りますと、万人が神から頂いた意識の境涯の中には魂の兄弟たちがいるのです。

あの世は下積みの場所もあります。

普通、天上界といわれる条件の世界で、そこでは意識を光子体といいます。

私たちが魂の修行をするために、この世に出てきて、光子体が私たちの意識をコントロールしているのです。

あの世が実在界、これは空間の世界、エネルギーの世界です。この世が現象界、物質の世界です。

これを般若心経の中で、色即是空、空即是色といいます。空とは、空間の意識がこの世に投影されて空即是色というのです。

色は万象万物の物質を指します。当然、私たちの肉体も含みます。

この色が大宇宙を掌握している、偉大なる神の心につながっていることを色即是空というのです。

だから、この世もあの世も、意識により造り出されている世界であるということをいっているのです。

そうして私たちの魂の兄弟は、本体を中心として五人の分身が、代わるがわる地上界に出て魂の修行をしていくのです。

六人の魂が地上界に出て、一巡するのが約千年年間かかります。千年間は、無限の過去から何度も私たちが、あの世の世界からこの世に出てくるのです。

あの世を実在界というのは、あの世が本物なのです。こちらは、この世で現象化された世界ですから現象界といいます。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。