お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「六親眷属」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

【注釈】
和尚さんが言われた六親眷属は意味合いが違います。仏教で言うところの親類縁者ではなく魂の兄弟を指します。詳しくはリンク先をご覧下さい。

村上宥快和尚さん説法「魂のグループ」

六親眷属(ろくしんけんぞく)

生命は、無限の過去で神から分離して、宇宙空間にあの世という世界へ分離されたのです。

分離された生命体とは、六親眷属という六人の魂の兄弟がいて、それは本体を中心として五人の分身です。これが神からいただいた私たちの本当の生命であります。

あの世へ還りますと、万人が神から頂いた意識の境涯の中には魂の兄弟たちがいるのです。

あの世は下積みの場所もあります。

普通、天上界といわれる条件の世界で、そこでは意識を光子体といいます。

私たちが魂の修行をするために、この世に出てきて、光子体が私たちの意識をコントロールしているのです。

あの世が実在界、これは空間の世界、エネルギーの世界です。この世が現象界、物質の世界です。

これを般若心経の中で、色即是空、空即是色といいます。空とは、空間の意識がこの世に投影されて空即是色というのです。

色は万象万物の物質を指します。当然、私たちの肉体も含みます。

この色が大宇宙を掌握している、偉大なる神の心につながっていることを色即是空というのです。

だから、この世もあの世も、意識により造り出されている世界であるということをいっているのです。

そうして私たちの魂の兄弟は、本体を中心として五人の分身が、代わるがわる地上界に出て魂の修行をしていくのです。

六人の魂が地上界に出て、一巡するのが約千年年間かかります。千年間は、無限の過去から何度も私たちが、あの世の世界からこの世に出てくるのです。

あの世を実在界というのは、あの世が本物なのです。こちらは、この世で現象化された世界ですから現象界といいます。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。