お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

村上宥快和尚さん説法「法蓮華僧伽呪」

村上宥快和尚さん【1918年(大正7年)10月8日〜1991年(平成3年)3月12日・享年72歳】のお話をまとめました。

法蓮華僧伽呪(ほうれんげさんがんじゅ)

講演会や研修会にて、反省禅定の最後に法蓮華僧伽呪と唱えますが、私たちの心は、生まれたままの条件では汚れきっているのです。

誰もが、心を磨けば神の意思に通ずるということ、これが法蓮華僧伽呪の意味なのです。

「金剛石も磨かずば」といいます。

ダイヤモンドとは – コトバンク

私たちの心は磨かないでは使い物にならないのです。使い物になるには、煩悩という心の条件を取り去ることなのです。

釈迦でも、イエスでも、モーゼでも、皆、地上界に生まれ出ると、煩悩の有漏に包まれて、私たち自身が悩み苦しみのカルマを背負っています。

有漏とは – コトバンク

しかし悩み苦しみのカルマを、反省により取り去った時には、意識は、いわゆる神と自分の関連性を自覚できるのだということが、この法蓮華僧伽呪なのです。

だから、私が法法蓮華僧伽呪と唱えた時に、調和の心を私に与えてくれますから、それに皆さんきの意識を乗せて、自分の次元の世界まで昇っていくということが法蓮華僧伽呪なのです。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。