お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

新型コロナワクチン 7月の注射後に上腕の痛みが出ましたが11月に落ち着いて来ました

この症状は副反応ではなく、筋肉注射ではよくある現象だそうです。

啓蒙の意味も含めて記事を掲載します。

主治医と看護師

私は1回目の注射の後からずっと痛みが出ていました。2回目は何ともなかったんです。

11月になっても、痛みが残っているので思い切って相談してみました。

主治医は、「新しいやつだからある程度仕方無いなー。村坂さんは体が大きいから心配ないでしょう。」えっー、そんなー。

看護師は、「今のコロナワクチンに限らず他の筋肉注射でも液が流れると筋肉や筋溝に痛みが出ますよー。」えっー。

早く言ってよー。

自己観察

実際、注射で麻痺した人の治療を医師より依頼された経験も有ります。この患者さんは半年ほどで回復しました。

今回のは、麻痺とは違って何でだろうと思っていました。

痛みは間欠的(不定期)に出ます。常時ではありません。寒冷刺激も関係ありません。

場所が、上腕二頭筋と上腕三頭筋の間の筋溝です。

ようやく看護師の説明が納得いきました。

治療

今回の症状は気になる程度ですが、痛みがあるのは日常生活に支障が出ます。

私、自分自身に、東洋医学的な考えに基づく治療を1ヶ月ほど行い、90%ほど痛みが引きました。鍼ではありません。

注射の後の痛みで苦しんでいる人はご相談下さい。治療は自費になります。

このような症状でコロナとの因果関係を証明するのは、医師や弁護士に相談して下さい。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。