お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

10年来の腰痛に悩む50歳代保育士 仙腸関節の機能不全(引っかかり)を改善し略治しました

数年ぶりの来院です。

腰痛は、色々な治療を受けたそうですが改善しないので諦めていたそうです。

今回は、ギックリ背中で来院されました。

ギックリ背中

ギックリ腰の背中版ですが、これといって治療法がありません。

整形外科でしたら、ロキソプロフェンなどの痛み止めを飲んで痛みが治まるのを待つしか無いでしょう。

治療

ギックリ背中は本当によくある症状です。

当院の治療は、頸椎胸椎の関節矯正法マニュピュレーションか鍼治療になります。

両方同時に行うとこは希です。痛みの場所と痛みの深さで判断します。

今回の患者さんは呼吸筋まで痛みが及んでいたので鍼治療になります。炎症を早期に解消するためにマイクロカレント通電をします。

1回の治療で略治しました。

再診にて、実は腰痛もあると言われます。

症状から解剖運動学に基づく矯正法マニュピュレーションの適応なので実施しました。

そうしたら長年の腰痛が殆ど解消したそうです。

10年来の腰痛が1回の治療で改善する事はたくさん経験していますが、長年の腰痛は仙腸関節の機能不全以外に色々な要素が絡んでいるのでそれを見極めることが大切です。

要素はたくさんあり、経験に基づき治療の選択をします。

このような患者さんは腰痛がクセになりますかと質問されることが多いですが、考えとして弱点と思うと腰痛の呪いから解放されます。

弱点は誰にでもありますかち、一病息災で頑張りましょう。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。