お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

代替塩が脳卒中のリスクを下げる 「心血管イベントと死亡に対する塩分置換の影響」NEJMより

高齢者であっても上の血圧は130mmhg以下が理想ですが、それを実現するには血圧のコントロールを50歳代から始めないと実現しません。

高くなればお薬を飲めば血圧は下がりますが、高血圧に耐えた血管は元には戻りません。

私たちは普段から何を気をつけたら良いのでしょうか。

やはり、高血圧の高齢者は塩もナトリウム(Na)の少ない塩が良いようです。

高血圧に塩分は無関係と言う医者もいますが、トンデモ学説なので信じないようにして下さい。

加齢と共に塩分に対する感受性も下がりますから、どんどん濃い味付けを好むようになります。

特に飛騨地方は塩気が強いのを好まれますから減塩は大切ですが、やはり味が物足りないと言われます。

調味料の塩や醤油を減塩に変える生活にすれば簡単に実現できます。その分、苦み成分のカリウムは増えますが問題はありません。

代替塩や減塩醤油は、最初美味しく感じないのはカリウムの苦みのせいです。そのうち慣れますので頑張って続けましょう。

結果

中国農村部の600の村の2万995人を対象とした非盲検ランダム化比較試験(RCT)です。追跡の平均期間は4.74年。

結果は、代替塩群で脳卒中-14%、主要心血管イベント-13%、全死亡-12%、でした。

素晴らしい結果です。日本人もアジア人ですから同じように考えて大丈夫でしょう。

こんなに塩分の影響が有るとは怖いデスね。

代替塩や減塩醤油

塩は当然として、お醤油も減塩が良いです。

減塩醤油は不味いのがありますから色々試してご自身の味覚に合ったのを探して下さい。

代替塩

【味の素KK】「やさしお®」

レモンのおかげ ウレシオ|ポッカサッポロ

減塩醤油

減塩しょうゆ | キッコーマンのしょうゆ | キッコーマン

Amazon.co.jp : ヤマサ 減塩醤油

論文

心血管イベントと死亡に対する塩分置換の影響

PubMed

Effect of Salt Substitution on Cardiovascular Events and Death – PubMed

New England Journal of Medicine (NEJM)

Effect of Salt Substitution on Cardiovascular Events and Death | NEJM

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。