お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

【ブレイクスルー感染】(ワクチン接種後感染) をワクチンのせいだと勘違いしないで下さい

未だにワクチンは危ない説に惑わされている人がいます。

【ブレイクスルー感染】(ワクチン接種後感染) をワクチンのせいだと勘違いしないで下さい。

ブレイクスルー感染(抜き打ち感染)

打ち抜き感染 – Wikipedia

ワクチンを接種した患者が、そのワクチンが予防する筈のものと同じ感染症に罹ってしまう事を指す。
簡単に言えば、ワクチンがその目的とする病原体に対する免疫を提供出来ない場合に発生するものである。
打ち抜き感染は、おたふく風邪、水疱瘡、インフルエンザなど、様々な病気の予防接種を受けた患者に確認されている。打ち抜き感染の特徴は、ウイルス自体に依存する。
多くの場合、予防接種を受けた患者の感染症は、自然に感染した場合よりも症状が軽く、期間も短くなる。

ワクチン接種が進めば当然の帰結

ワクチン接種が進めば、ブレイクスルー感染は増えます。

しかし、ワクチンを接種するおかげで重症化を防ぐ事が可能になります。

新しい変異株のミュー株でもワクチンの効果が減少していると一部研究結果が出ていますが、それでもワクチンの優位性は揺るぎません。

CDCの情報

COVID-19 Breakthrough Case Investigations and Reporting | CDC

COVID-19 Vaccine Breakthrough Infections Reported to CDC — United States, January 1–April 30, 2021 | MMWR

ランセット

Hospitalisation among vaccine breakthrough COVID-19 infections – The Lancet Infectious Diseases

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。