iPhoneで撮影した写真を素早くWindowsPCに取り込む方法

iPhoneとMacは非常に相性が良くて、画像も動画も直ぐ共有できます。

ところが、WindowsPCだと共有に時間がかかることが多いです。

現時点での私の方法を紹介します。

iCloudの同期は遅い

写真や動画の同期は可能で、MacとWindowsを使う私には大変助かっています。

けど、写真の同期が数分以上かかることも多いのです。これでは作業のリズムがテンポ良くできなくて困ります。

クラウドのDropboxやevernoteでも可能ですが、簡単な方法を考えました。

LINEの1人グループを使う

こちらを参考にしました。

方法は、撮影した写真や動画を1人用のグループに送ります。

写真は圧縮されませんが、動画は5分まででファイルサイズが大きいと圧縮されます。

Windows用LINEから取り込む

Windowsにインストールして、撮影した写真を1人用のグループに送ります。のち、Windows用LINEからダウンロードします。

これで、iCloudで共有されるのが遅くても、サクッと共有が可能になります。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。