お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

STT関節症の56歳女性、原因は手指や前前腕筋の異常緊張、関節機能異常の回復で患部も全身状態も改善しました

遠方からの来院ありがとうございます。神奈川県からお越し下さいました。

1回の治療日程です。

高速バスのご利用です。

来院までの状態

2年前から痛みが出始めました。

近医を受診し単なる関節炎の診断で、1年前に専門医を受診しレントゲン検査をして、STT関節症の診断を受けました。

痛みを取るには関節を固定する手術しか無いとのご託宣です。

お住まい近郊にある神の手と言われる先生の治療を受けたそうですが、全く改善しなかったそうです。

2ヶ月前よりより一層痛みが強くなり、当院への来院を考えられました。

初検の状態

両手首が若干腫れています。ほんの少しです。

丹念に圧痛や自発痛を診ると、母指CM関節にも痛みを感じています。

股関節の開排運動のテスト、両方に関節の粘りがあります。開排運動自体は正常です。

この粘りを感じるかどうかが術者の上手下手の分かれ道です。

手指や前前腕筋の異常緊張があります。久しぶりの凄く固いタイプの方です。

今回の患者さんは強い肩こりがあります。上部胸椎の機能異常がありましたので、それをしっかり回復される必要があります。

治療

母指CM関節症の治療と同じ治療を行います。

治療で股関節の開排運動も正常となり、関節の粘りも取れました。

自己リハビリ

STT関節症なので、その関節の関節腔を広げるように手技を覚えて頂きます。

特殊になりますから対面での指導です。

治療を終了して

手指や前前腕筋の異常緊張が、この症状の原因と自覚ができました。

上部胸椎の可動性や機能異常を回復したので、患者さんは「全体が楽になりました」と言われました。

見た目も、顔色も良くなり目もパッチリ開いています。

治療当日は高山に宿泊され、翌日帰宅される予定です。

今後は自己リハビリの継続で、順次良くなるでしょう。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。