結果を出す手技療法のパイオニア

帯状疱疹後の神経痛 施術で痛みが半減 直ぐ来院されたのが幸いでした

70代男性です。

腰痛で整形外科を受診され異常なしと診断されました。

(経過からその時点で帯状疱疹を発症してたようですが、水疱ができないと判断ができないのは事実です)

その後、病院で帯状疱疹の診断を受けました。

水疱(すいほう)ができかさぶたになり、症状が安定したので、かかりつけ医へ転医となりました。

東洋医学的な当院の施術を希望されました。

痛みの場所

帯状疱疹で水疱ができた場所が痛みます。

帯状疱疹

帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは、 ウイルス感染症による痛みのある皮疹で、水痘(すいとう)=水疱瘡(みずほうそう)を引き起こす水痘帯状疱疹ウイルスが再活性化することで生じます。

帯状疱疹 – 16. 感染症 – MSDマニュアル家庭版

施術

マイクロカレント微弱電流、赤色LEDを開始しました。

若干効く感じでしたが、チクチク療法を併用したら劇的に痛みとしびれが軽減しました。

安心はできませんが、帯状疱疹後の神経痛は早期の対処で、症状を軽減することが大切です。

結果が出て本当に良かったです。

この記事を書いた人

アバター画像

村坂 克之

小又接骨院・鍼灸院の院長です。柔道整復師、鍼灸師の国家資格にて施術を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。親指シフトユーザー。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。