お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

母指CM関節症で遠方より来院される場合は、1.2回治療を受けもらい、正確なストレッチ法と、自己リハビリを学んで頂きます

全国はもとより、海外からも問い合わせを頂きましてありがとうございます。

母指CM関節症でお悩みの人がたいへん多いと実感しております。

当院の治療で少しでも痛みが減り、できるなら痛みの無い生活に戻れるようにお役に立てば幸いです。

来院をお考えの時に参考にして下さい。


来院され当初は経過良好でも、ご自宅での自己リハビリがご自身がやりやすい方法に変わってしまい、再び症状が悪化したり変化が無くなる人も見受けます。


それは母指CM関節症になる人の手の使い方にクセがあるので、どうしても自己リハビリが自己流になりやすいです。


何回か正しい自己リハビリを学んで頂き、関連痛を解消する治療を継続すると改善率が上がりますので、痛み度合いに応じての通院が必要になります。

治療の流れ

都合で臨時休診の場合もありますので、来院される予定日の治療の有無の確認をお願いします。

予約時に、症状や治療についての質問が有れば何なりと言って下さい。私、村坂克之が説明します。

他の症状があれば一緒に治療しますので、問い合わせの時か受診時にに申し出下さい。

ご同伴の人も同時に治療ができますので、ご相談下さい。

電話で予約をお願いします

CM関節症の治療を希望と受付に言って下さい。来院される日付と、午前午後の大まかな時間が分かればありがたいです。

遠方からの来院でお疲れでしょうが、しっかり結果の出る治療を行います。

  • 1.2回の治療
  • 自宅できるリハビリの習得

になります。

電話されるお時間が無い人

電話するお時間が取れない人の予約のご相談は、Facebookのメッセージを利用して下さい。

Facebook 小又接骨院 – ホーム

お問い合わせからも可能です。

到着が昼休みの場合も治療しますのでご相談下さい

電車や高速バスの到着時間の都合で日中の来院になる場合は、昼休みも治療しますのでご相談下さい。

例として
【JR】名古屋から
名古屋 8:43発
(ワイドビュー)ひだ3号(富山行)
飛騨古川 11:15着

【高速バス】新宿から
バスタ新宿 8:15発
新宿~高山線(古川駅前[飛騨市]行)
古川駅前 14:15着

治療の特長

治療で血流が劇的に改善するために、疲れる・微熱・うずく・余計に痛くなるなどの反応が出る場合がありますので、ご承知下さい。(全員ではありません)

CM関節症を治すには日常生活が一番大切です。

手や指のストレッチ、自宅でのチクチク法、独自のCM関節サポーターをしっかり行って頂くのが最大の効果を出します。

ストレッチ、チクチク法、サポーターの巻き方のいずれもコツが必要になりますので、来院をお勧めします。

治療内容

1回で最大限の治療効果を出すために、これだけの治療が必要になります。

  • 母指CM関節自体の抗炎症
  • 外側脊髄視床路への神経促通
  • 関連する脊椎椎間関節や仙腸関節の可動性回復
  • 骨盤と肋骨の動的可動性の回復と立位体幹軸の修正
  • 患部の悪玉活性酸素除去
  • 患部の血流改善と上肢筋群の筋力向上
  • 独自サポーターの巻き方の習得
  • 自己チクチク法の習得
  • 正しいストレッチの習得

使用する治療法

  • 低周波通電/微弱電気通電
  • チクチク療法(長田式無血刺絡療法)
  • 関節運動学矯正法
  • パーマー式カイロプラクティック
  • アクティベーター療法
  • リアライン療法
  • 高濃度人工水素水浴
  • 加圧リハビリ(医療目的加圧トレーニング)

チクチク療法だけ痛みを伴います。

くわしい解説は「治療法について」をご覧下さい。

【自己チクチク法の習得とは】
チクチク療法専用器具を使用し、母指CM関節症の炎症や痛みが減る手技をご自身でできるように学んで頂きます。

費用

健康保険は使えません。

13,000円前後

治療+ストレッチ法+自己チクチク道具+サポーター2個(消費税が含まれています)
特製サポーターの購入個数で費用が増えます。

宿泊し2回治療される場合は、20,000円前後 になります。

再来院の場合は、治療費(基礎+特殊)のみになります。

詳細は「治療料金について」をご覧下さい。

特製サポーターや自宅でのリハビリ道具

来院され治療の時に販売します。道具のみの販売はできません。

頻繁に来院できない患者さんの場合は購入は必須になります。

週1.2回通院可能なら、自己チクチク道具の購入は必要ありません。

時間

初回は、2時間30分位必要になります。

手の使い方は人様々です。よって、生活状況から手の使い方まで詳細に伺います。

治療を行い、手の使い方に対する自宅でのリハビリも学んで頂きますので、これだけの時間が必要となります。ご了承下さい。

回数

一泊されるなら2回をお勧めします。都合にて1回でも充分効果は出ますので心配いりません。後は自宅できるリハビリで治していきます。

治療当日も、お風呂は入れます。

どうぞ、他の時間は観光地である飛騨を堪能して下さい。

治療の反応で予後が分かります

2回目の受診が可能でしたら、炎症がどうなるのかを診て今後の予後がだいたい分かります。

ほとんどの人は治療自体で痛みは和らぎます。どの程度かは個人差があります。

手の使い方は人それぞれなので、予後が悪い人も当然います。

一旦良くなって、再び悪くなった人はストレッチをサボった人が多いです。

母指CM関節症のストレッチについて

当ブログに母指CM関節症のストレッチを公開していますが、正確にできない人が多い実情があります。

紹介したストレッチがやりにくいことが、結果的に母指CM関節症になりやすいタイプとも言えます。

来院された人は正しい方法に驚かれています。

最後に肝になる、CM関節の特徴である鞍状関節面を修正するストレッチを来院されたときに習得して頂きます。

 

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。