お薬を使わない手技治療のパイオニア|痛みやしびれを早く治す治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

日本人は脂肪をもっと食べたほうが長生きをするらしい

いくら長寿になっても、自力で生活ができなければ意味がありません。

健康を維持するのは運動では無くて食事です。

食事が体作っています。燃料(食事)が悪ければ、走れば走るほど(運動)調子が悪くなります。

日本ローカーボ食研究会より

正しい糖質制限食を分かりやすく解説されています。

糖質の摂取量は職業や年齢でまちまちなので、指導を受けましょう。

糖質を減らすと腹が減りやすいので、脂肪を上手に使います。

岐阜大学・高山スタディより

1992年に、癌、脳卒中、または冠状動脈性心臓病のない日本の高山の合計28,356人の居住者で、16年間の追跡調査結果です。

Epidemiology Preventive Medicine Gifu University

Total fat intake is associated with decreased mortality in Japanese men but not in women.J Nutr. 2012 Sep;142(9):1713-9.
総脂肪摂取は日本男性において低い死亡率と関連していた
<要約>1992年のベースライン時には総脂肪摂取の他、各種の脂肪酸摂取も推定している。男性において総脂肪摂取および不飽和多価脂肪酸野摂取が高いほど全死亡リスクが低く、特にがんや心血管障害以外の疾患による死亡のリスクが低かった。女性では、飽和脂肪酸摂取が高いと全死亡リスクが高かった。

引用:Epidemiology Preventive Medicine Gifu University

Pubmed

総脂肪摂取量は日本人男性では死亡率の低下と関連しているが女性では関連していない

Total fat intake is associated with decreased mortality in Japanese men but not in women. – PubMed – NCBI

ただし、糖質と脂肪の同時に食べると美味しいけど…

糖質と脂肪を同時に食べると直ちに肥満につながります。

その場合は糖質摂取を20グラム以下にして、脂肪をたっぷりとりましょう。

糖質制限は緩やかに行います。一日一食までです。やりすぎは早死にします。

目標体脂肪率は

女性30%、男性25%で大丈夫です。

やせすぎは長生きできません。

「医師が実践する おいしい糖質オフレシピ216」にわかりやすく解説してあります。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。