お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

新型コロナウイルスのワクチン接種で副反応が出た場合の補償は?

新型コロナウイルスのワクチンをいつまでに実施するのを声高らかに言うのは結構なのですが、万が一の副反応が起きたときの補償はちゃんとやりますよと何故言わないのでしょうか?

これではいつまで経っても医療の進歩は無いです。

公衆衛生の為、集団免疫を獲得するためにみんながワクチンを打つわけですから、めったに無い副反応の現在の補償の内容も手薄いと思われますので、もっともっと手厚い政策をして欲しいです。

法律の解釈ではなんとかかんとかと言う人がいますが、それ以前に慈愛のある対応をして欲しいです。

HPVワクチンも偏った報道が先行したために、日本のワクチン普及は大きく後退したと言われています。

HPVワクチンQ&A|厚生労働省

副反応とは

厚労省の見解

Q4-3 副反応が起きた場合の補償はどうなっていますか。

 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。
 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。なお、健康被害救済の給付額は、定期接種のA類疾病と同じ水準です。
 現在の救済制度の内容については、こちらをご参照ください。

現在の救済制度の内容

予防接種健康被害救済制度|厚生労働省

リーフレット

リーフレット「ご存じですか?予防接種後健康被害救済制度」

表紙:Myths and Facts about COVID-19 Vaccines | CDC

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。