お薬を使わない手技治療のパイオニア・最良の治療を常に研究しています

水うがい(1日3回以上)は風邪の予防に有効:京都大学の研究より

2016年の発表です。

ご存じの人も多いと思いますが、新型コロナウイルスに関しても同じ考えで良いようです。

そこで、ただの水で良いのか殺菌剤が入ってるのが良いかの研究です。

疫学研究の実際「うがいは風邪の予防に有効か:ランダム化対照試験」

PDFです。
日本公衆衛生学会 教育講演3 疫学とその活用

Prevention of Upper Respiratory Tract Infections by Gargling

doi:10.1016/j.amepre.2005.06.013

機械翻訳
gargling_prevention.en.ja

結果

水うがいによって感冒発症が4割抑えられた。

ポビドンヨードには有意な予防効果が認められなかった。 感冒罹患後に用いた場合の有効性は否定しない。

感想

うがいは水で十分と分かりました。

とにかく手洗い励行です。手で口や目を触ることにより感染することが分かっています。

アルコール消毒が一番良い印象を持つ人が多いですが、その後に汚染した物を触れば一緒です。

アルコールは手の油分を取りますので、手荒れの原因になり使えない人も多いです。

水やお湯の手洗いで十分効果はあります。

まどわされないようにしましょう。

アマビエさんにお願いして疫病退散して欲しいですね。

アマビエ – Wikipedia

広告

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。