お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

患者さんから質問「五本指靴下を履けば足指に良いのでは?」の答え

答え

五本指靴下を履いても転倒予防や、足指の力の強化には繫がりません。

履いた当初は、新しい刺激ですから多少変化します。

足指のクセは靴下で矯正されない事実

外反母趾や内反小趾など、足の表情は様々です。

無くて七癖有って四十八癖なのです。

私も、村坂ゴムバンド足指強化法を開発するまでは、だいたい同じ動きをすると信じていました。

しかし、全く想像とは違いました。

靴下は、足袋でも五本指靴下でも、履かないよりは良い程度に考えて下さい。

現代人は足指の力が弱い

昭和30年以後、靴が誰でも履けるようになりました。

靴は、足指を使わなくても歩行が楽になる道具です。

これが、中年以後になると、膝や股、腰に負担をかけています。

考えると温故知新じゃないですが、下駄や雪駄(せった)の方が体には良いのでは思います。

結局、裸足が基本おすすめ

強化法を実施する以前の問題として、なるべく靴下やストッキング類は履かない方が良いです。

自宅では素足を推奨します。

冷え症の人も、村坂ゴムバンド足指強化法でほぼ治ります。

温めるのが冷えを解消するのでは無く、筋肉運動により血液循環を改善することが根本解決になります。

村坂ゴムバンド足指強化法で感覚を取り戻す

私の発明した、村坂ゴムバンド足指強化法で足の感覚を取り戻して下さい。

平地を歩いていてもつまずきやすいとかは、足指の力の低下です。太ももの筋肉ではありません。

本来は来院され正しい方法を学んで頂くことが一番良いのですが、無理ならマネで良いので実施して下さい。

1ヶ月もすれば、驚くほどの効果を実感されることでしょう。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。