健康のためとウォーキングを始めてからベーカー嚢胞(嚢腫)になる人が多い印象を受けます

ベーカー嚢胞になったきっかけを伺いますと、ウォーキングからの人か多いです。

いきなり頑張ってしまう

やれば健康になると思いますから、最初は頑張ります。

歩くことは苦でありませんから、必要以上に歩きます。

足指が働いていないのに、歩きすぎで膝関節に負担がかかっています。

解決策

村坂ゴムバンド足指強化法(リハビリ)を歩行前に必ず行って下さい。

これで、歩行時の衝撃が直接膝に来なくなります。

ウォーキングも20.30分位

この程度に納めないと、膝を痛めやすいです。

残念ですが、ウォーキングで筋肉は付きません。心臓と肺には良いです。

できれば、アスファルトの道では無く、土の道を歩きましょう。

アスファルトの道は、人間に優しくなく、表面がカマボコの様に凸になっています。

道路の端は、雨を排水するために斜めになっています。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。