お薬を使わない手技治療のパイオニア 日夜技術の向上に努めています

健康のためとウォーキングを始めてからベーカー嚢胞(嚢腫)になる人が多い印象を受けます

ベーカー嚢胞になったきっかけを伺いますと、ウォーキングからの人か多いです。

いきなり頑張ってしまう

やれば健康になると思いますから、最初は頑張ります。

歩くことは苦でありませんから、必要以上に歩きます。

足指が働いていないのに、歩きすぎで膝関節に負担がかかっています。

解決策

村坂ゴムバンド足指強化法(リハビリ)を歩行前に必ず行って下さい。

これで、歩行時の衝撃が直接膝に来なくなります。

ウォーキングも20.30分位

この程度に納めないと、膝を痛めやすいです。

残念ですが、ウォーキングで筋肉は付きません。心臓と肺には良いです。

できれば、アスファルトの道では無く、土の道を歩きましょう。

アスファルトの道は、人間に優しくなく、表面がカマボコの様に凸になっています。

道路の端は、雨を排水するために斜めになっています。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

小又接骨院院長です。鍼灸師、柔道整復師の国家資格にて治療を行っています。屋号の小又(こまた)は、先祖の小谷屋亦治郎(亦=又)に由来します。
詳しくは院長略歴をご覧下さい。