関節には2型コラーゲン?人体の吸収過程で2型になるのでこだわる必要はないと思います

関節軟骨には2型コラーゲンが多く存在しています。

そのことから、関節には2型コラーゲンを摂らなければならないと思われがちです。

新田ゼラチンの回答を引用します

コラーゲンペプチドの関節軟骨への機能メカニズム | コラーゲンまるわかり事典|コラーゲンの全てがわかる情報サイト|コラーゲンナビ

詳しい解説

詳細は下記ブログを読んで下さい。

食コラ推進委員会の一味のブログ

ニッタバイオラボ

ゼラチンやコラーゲンの日本のトップメーカーです。

【テレビで話題】高品質コラーゲンの驚きのチカラ|コラーゲン専門店ニッタバイオラボ公式通販 |コラーゲンのニッタバイオラボ公式通販サイト

 

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。