ベーカー嚢胞の50歳代前半女性、嚢胞は治療で消失、痩せてきた足やO脚も自己リハビリで改善、スクワットより足指が大切なのです

遠方からの来院ありがとうございます。三重県からお越し下さいました。

2回治療される日程です。

経過

現在まで、左五十肩、左股関節痛を経験されています。

人は健康のままでは年を取れません。私(村坂)も、2箇所の椎間板ヘルニア、膝の膝蓋大腿関節軟骨欠損、母指CM関節症など経験しています。

その後、左膝に違和感を覚え、整形外科を受診されました。

去年、左膝関節炎の診断でしたが軽微との事で経過観察となり、今年に入り痛みを訴えると、ヒアルロン酸の注射をしてもらいました。

膝裏に違和感を感じられて、腫れているのを自覚されました。

ベーカー嚢胞との確定診断はありませんでしたが、将来を心配されて来院されました。

状態

左ベーカー嚢胞があります。

大きさは3×3センチです。逆止弁が完成していないので、凸はなだらかです。

フーシェ徴候も陽性です。
Foucher’s sign: The cyst becomes hard with knee extension and soft with knee flexion;
フーシェの徴候:嚢胞は膝伸展位では硬く、膝屈曲位では柔らかくなります。

治療効果の判定は立位で嚢胞の圧が減ったかどうかになります。腹臥位での判定はダメです。

左脊柱起立筋が異常緊張しています。

よって、今まで左半身ばかり症状が出ています。

足指が曲がらない

患者さんは、当ブログをご覧になっていていました。

ベーカー嚢胞のある側の足指がしっかり曲がらないし、力が入らないと言われます。

これは一大事! 

歩行や所作の衝撃が直接膝に伝わり、膝を壊します。

悪化する前に来院されて本当に良かったと思います。

1回目の治療

当院のベーカー嚢胞の治療を行います。

股関節の回旋運動では左側に少し引っかかりがありました。

治療後、立位のベーカー嚢胞の腫れ具合は減少し、股関節の動きは正常になりました。

2回目の治療

治療前の診察で、左脊柱起立筋の異常緊張は取れています。

ベーカー嚢胞の凸の状態もなだらかになっています。

治療後は消失しました。まだ完全に逆止弁が完成していません。幸運でした。

村坂ゴムバンド足指強化法が改善のかなめ

足指の力が入らないと、これほど影響があるとは驚きです。

患者さんも弱い左足指の強化をすれば、驚くほど状態が改善します。

足指の検査をしたら、左足が2-5指が弱く、5指が全く動きません。毎回ですが、患者さんは大変驚かれます。

O脚になるのを心配される

患者さんのお母さん、おばあちゃんがひどいO脚だそうです。

少しO脚ぎみでしたが、将来が不安だそうです。

また、50を過ぎた頃から足がドンドン細くなってきて心配されています。

この悩みも、足指を強化すればキレイに良くなります。

村坂ゴムバンド足指強化法で、O脚は70歳代、80歳代でも改善する驚異の実績があります。

ゼラチンとゴムバンド

ゼラチンの摂取して、村坂ゴムバンド足指強化法をしっかり行って頂ければ、みるみる改善する事でしょう。

お知らせ

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
手術の選択する場合でも、事前に治療や独自リハビリなど行うことにより術後の結果が良くなっている症例も多いです。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。