お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

80歳代にはEMS(電気刺激)も効果的!立ち上がるのが辛く歩行時にふらつくのが劇的に改善した症例

COPDの患者さんです。

酸素はまだ吸っていません。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)|一般社団法人日本呼吸器学会

典型的な症状

肺疾患の人の経過です。

呼吸に体力か奪われて、体重がひどく減少しています。

立ち上がるのが辛く歩行時にふらつくとの事で、ご相談に来られました。

医科の治療は当然受けていますが、その問題は致し方ないとの事です。

ロコモティブシンドローム・サルコペニア・フレイル

考え方や発表した学会の違いで言葉が違いますが、概略は一緒です。

老化 – Wikipedia

ロコモティブシンドローム

ロコモティブ症候群 – Wikipedia

サルコペニア

サルコペニア – Wikipedia

フレイル

介護予防の新キーワード「フレイル」 | 健康・医療トピックス | オムロン ヘルスケア

80歳代には筋トレは無理

高齢者の人々は生きるのに精一杯の日々なんです。

筋トレとか○○体操とか、無理なんです。

EMSが、解決する糸筋の光明かも知れません。

電気療法(EMS)の可能性

業務用のEMSを使い、筋肉のモーターポイントに刺激をします。

どこにどう使うのかは当院独自の方式です。

以前、森谷敏夫教授の講演を拝聴したことがありますが、EMSによる筋トレは出力が相当高くないと効果が出ないそうです。

出力を上げると痛みを伴いますから、痛みを抑えつつ大電流を流せるかが器械の優劣になります。

電池出力では効果は出ません。

1回の治療で

劇的に歩行状態が改善しました。私もびっくりしました。

ただし、筋疲労が凄いです。

タンパク質の補給か肝

高齢なのでアミノ酸が一番良いですが、価格も高いので、牛乳かチーズを取って頂きます。

これで豊かな余生を送れることでしょう。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
特に手技治療においては臨床の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。