お薬を使わない手技治療のパイオニア|最良の治療を常に研究しています|小又「こまた」と読みます

肘部管症候群・腰部脊柱管狭窄症の70歳代前半男性、手の小指がしびれる、足の2-5指に力が入らないのが自覚できない

お孫さんもたくさん居てて、好好爺(こうこうや)の患者さんです。

肘部管症候群

薬指と小指に力が入らなくなり、しびれも出てきます。

私の学生時代は、遅発性尺骨神経麻痺(炎)と習いました。

肘部管症候群 – 08. 骨、関節、筋肉の病気 – MSDマニュアル家庭版

残念ですが、手術1択になります。通電などの物理療法はそんなに効果がありません。

薬指と小指の間の筋肉が痩せてきたら、直ちに手術したほうが良いです。

できたら、痩せる前に手術をしましょう。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症 – 06. 筋骨格疾患と結合組織疾患 – MSDマニュアル プロフェッショナル版

この患者さんは、当院の所定の治療で毎回改善しています。

鍼の耐性がありますから巨鍼(50センチの長さの特殊鍼)を行い、一気に治します。この治療法は、肉体の感受性に左右されるので、使用できる人は少ないです。

通常の患者さんは、高濃度人工水素水浴と長田式無血刺絡療法を用います。

足指の力の検査

今回は、足指の力の検査をしました。神経反射は正常です。

足の2-5指に力が入りません

患者さんは、検査をするまで力が入らない自覚がありませんでした。

大変驚かれました。小指は内反小趾になっています。対比して親指にはしっかり力が入ります。

村坂ゴムバンド足指強化法(リハビリ)のやり方

腰部脊柱管狭窄症の、自宅での自己リハビリとして習得して頂きました。

毎日続けることにより、日常生活がずいぶん楽になります。

意外ですが、足指からの刺激で腰部の状態が改善されます。

広告

この記事を書いた人

村坂 克之

村坂 克之

村坂療法の創始者、小又(こまた)接骨院院長です。
国家資格である柔道整復師、鍼灸師にて、科学的根拠(evidence)の西洋医学と実証経験の東洋医学の調和を図り治療に当たっています。
実証経験とは症例(n=1)の積み重ねのことです。
手技治療においては臨床経験の蓄積が治療成績につながります。
通常の治療で改善しない人、検査が異常無しでも症状がある人、手術を検討されている人、手術後の後遺症でお悩みの人は、どうぞご相談下さい。
施す治療に100%の正解はありませんが、お力になれば幸いです。